跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(3.237.6.124) 您好!臺灣時間:2021/07/24 04:36
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:黃意婷
研究生(外文):Yi-ting Huang
論文名稱:日本の野球用語に関する研究
論文名稱(外文):A Study on Japanese Baseball Terminology
指導教授:林慧君林慧君引用關係
指導教授(外文):Hui-Jun Lin
口試委員:賴錦雀蔡珮菁
口試日期:2015-06-05
學位類別:碩士
校院名稱:國立臺灣大學
系所名稱:日本語文學研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2015
畢業學年度:103
論文頁數:125
中文關鍵詞:棒球用語語種外來語漢語
外文關鍵詞:baseball terminologyword typesloanwordsKango
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:648
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
長久以來,一般認為日語中的運動用語以外來語居多。然而,在日本的棒球用語中,漢譯語和混種語也經常被使用,有許多用語無法呼應上述的說法。本研究就是以解析此現象為目的之研究。
本研究中調查的棒球用語包含球技用語(狹義的棒球用語)與具時事性的用語(廣義的棒球用語),由語種及用語分類的觀點,分析了棒球用語此一專業術語的實態及其特殊性。
首先,利用戰前至戰後出版的三冊棒球用語集,調查棒球用語中的基礎語彙。由此調查可知,外來語容易進入棒球用語,但亦觀察到了漢語與混種語的成長。此外,也在此調查掌握了棒球用語中的基礎用語與新語的特徵。
第二,以事典『現代用語的基礎知識』所收錄之棒球用語進行歷時的調查,分析了戰後棒球用語中的新語及具時事性的用語之特徵。由此調查可知,相較於球技用語中以外來語居多,時事用語則以非外來語居多。
最後一個調查則分析了書面語及口語中的棒球用語。相較於轉播用語中以外來語居多,在報紙上則是漢語較常被使用。然而,觀察不同用語分類,也能夠發現不同分類對外來語的易懂性或漢語的簡短各取所需。
透過本研究,可以發現近年來無論在棒球用語集或事典中,具時事性的用語被收錄的頻率有增加的傾向。因此,能夠預測棒球用語受此傾向影響,其中的外來語比例將會降低,而混種語的比例則會上升。在棒球這個運動項目中,外來語與漢語的用語各擅勝場,發揮了各自的作用與傳達功能。


For a long time, it is generally believed that Japanese sports terminology consists mainly loanwords (Gairaigo). However, Sino-Japanese vocabulary (or Kango) and pidgin are also often used in Japanese baseball terminology, which does not correspond the common belief mentioned above. This study is one that aims at explaining the phenomenon.
The study surveyed baseball terminology, including baseball skills lingo (the narrow-sense baseball terminology) and topical terms (the broad-sense baseball terminology). The reality and particularity of professional baseball terminology were then analyzed in terms of the word-categories (Goshu) and usages of the vocabulary.
To begin with, the study surveyed basic baseball terms in three books of baseball glossary published from before the Second World War to the post-war era. Via the survey, one can find not only that loanwords were easily added to baseball terminology, but that the growth of Sino-Japanese and pidgin was observable. In addition, the survey shows a command of the characteristics of the basic lingo and new terms in baseball terminology.
Second, another trend analysis of baseball terminology based on The Encyclopedia of Contemporary Words examined the characteristics of the new and the topical terms in post-war baseball lingo. Via this survey, one can know that, compared with the majority of loanwords in baseball skills, there are more non-loanwords (Sino-Japanese or native Japanese vocabulary) in topical terms.
The last survey investigated written and spoken baseball terminology. Compared with the larger proportion of loanwords in broadcasting terms, Sino-Japanese words are more often used in newspapers. However, when observing different kinds of terms, one can find that different purposes of language usage opt for the comprehensibility of loanwords or the brevity of Sino-Japanese.
Through the study, one can find the tendency of topical being more and more often included in baseball glossary or encyclopedia. Therefore, one could infer that baseball terminology is influenced by the tendency, in which the proportion of loanwords declines while that of pidgin increases. In the sport, baseball, loanwords and Sino-Japanese dominate different fields in the baseball diamond, applying their own influences and communication functions.


謝辭 I
日本語要旨 II
中文摘要 IV
Abstract V
表目次 IX
1. 序論 1
1.1. 研究背景・目的 1
1.2. 本研究の構成 3
2. 先行研究 5
2.1. 専門用語及びスポーツ用語の研究 5
2.2. 野球用語の研究 6
2.3. 書き言葉と話し言葉におけるスポーツ用語・野球用語の研究 8
3. 研究方法と資料 13
3.1. 本研究における専門用語及び野球用語の定義 13
3.2. 本研究の調査範囲 14
3.3. 本研究における語の認定及び語種の定義 15
4. 野球用語集の調査 19
4.1. 研究対象と方法 19
4.2. 分析 19
4.2.1. 語数の変化と語種の推移……………………………….….. 19
4.2.2. 用語分類の特徴と変化………………………………….….. 22
4.2.3. 用語の収録状況……………………………………….…….. 26
4.2.4. 用語の語形および語種の変化……………………………... 31
4.3. まとめ 38
5. 現代野球用語の実態調査分析―『現代用語の基礎知識』の場合― 41
5.1. 研究方法 41
5.2. 分析 41
5.2.1. 語数の変化と語種の推移…………………………………... 41
5.2.2. 用語分類の変化…………………………………….……….. 42
5.2.3. 収録方針と語種変化の関係………………………….…….. 45
5.3. まとめ 48
6. 野球用語における書き言葉と話し言葉についての分析 49
6.1. 研究対象 49
6.2. 分析方法 62
6.3. 分析 62
6.3.1. 用語の使用率について……………………………………... 62
6.3.2. 用語を語種別で見る………………………………………... 65
6.3.3. 書き言葉と話し言葉における野球用語の特徴...…………65
6.4. まとめ 69
7. 結論 71
7.1. 本研究のまとめ 71
7.2. 課題 73
付表一 本研究で扱う野球用語集における野球用語の出現一覧表 75
付表二 『現代用語の基礎知識』1948・1966・1978・1988・1998・2008・2013年における野球用語の一覧表 111
参考文献 121


粟村哲志監修(2013)『わかりやすい野球のルール』成美堂出版
石丸久(1962)「野球紹介の逸文―野球用語のカオス時代―」『言語生活』n.135、筑摩書房、pp.56-57
石綿敏雄(1960)「スポーツ用語と外来語」『言語生活』n.109、筑摩書房、pp.16-22
伊東明(1976)「体育・スポーツ資料集 明治時代の新聞記事 野球編」『上智大学体育』n.9、上智大学文学部、pp.9-67
尹良富(1997)「巨人軍の創設とプロ野球報道に関する一考察 : 読売新聞と東京朝日新聞との比較」『一橋論叢』v.117 n.2、一橋大学、pp.227-294
宇佐美まゆみ(2011)「基本的な文字化の原則(Basic Transcription System for Japanese:BTSJ)2011年版」『談話研究と日本語教育の有機的統合のための基礎的研究とマルチメディア教材の試作』平成15 -18年度科学研究費補助金 基盤研究B(2)(研究代表者 宇佐美まゆみ)研究成果報告書 http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/usamiken/btsj2011.pdf(2015/05/01アクセス)
宇佐美まゆみ(2011)「基本的な文字化の原則(Basic Transcription System for Japanese:BTSJ)を用いた研究方法(コーディングの仕方)2011年版」http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/usamiken/example_of_coding.pdf(2015/05/01アクセス)
大原進(2001)「米大リーグ放送で学ぶ野球英語」『総合政策論集:東北文化学園大学総合政策学部紀要』v.1 n.1、東北文化学園大学、pp.93-102
沖森卓也・陳力衛・木村義之・山本真吾(2006)『図解日本語』三省堂
小倉伸一(2012)『スポーツ辞典』アルトテラス
影浦峡(2006)「日本語専門語彙の構成における外来語語基の位置づけ」『日本語の研究』v.2 n.4、日本語学会、pp.47-60
栗原優(2007)「新聞記事に見られる「書き言葉」と「話し言葉(口語)」の混同についての一考察」『文化情報学:駿河台大学文化情報学部紀要』v.14 n.1、駿河台大学、pp.39-43
小関順二(2013)『野球を歩く―日本野球の歴史探訪―』草思社
国立国語研究所(1981)『専門語の諸問題』秀英出版
国立国語研究所(1984)『語彙の研究と教育(上)』大蔵省印刷局
蔡珮菁(2013)「日本語読解教科書‧論說文‧漫画データに基づく計量的な語彙調査―異なるテクストタイプにみられる語彙特徴を中心に―」『台湾日本語文学報』n.33、台湾日本語文学会、pp.173-197
佐藤喜代治編(1990)『講座日本語の語彙第2巻 日本語の語彙の特色』明治書院
塩田雄大(1997)「テレビと専門用語」『日本語学』v.16 n.2、明治書院、pp.13-20
塩田雄大(2008)「放送でのスポーツのことば―外来語の扱いを中心に―」『日本語学』v.27 n.9、明治書院、pp.64-71
塩田雄大(2014)『現代日本語史における放送用語の形成の研究』三省堂
渋沢良一(1985)「野球用語の六十年」『月刊言語』v.14 n.1、pp.97-98
島津暢之(2008)「新聞でのスポーツのことばの扱い」『日本語学』v.27 n.9、明治書院、pp.52-63
清水泰生(2007)「国語辞典におけるスポーツ用語の比喩表現(日常語)について―陸上競技の用語を通じて―」『日本語辞書研究第5輯』港の人
庄野義信(1931)『六大学野球全集 上巻』改造社
陣内正敬(2007)『外来語の社会言語学』世界思想社
関根健一(2003)「新聞記事の中のカタカナ語」『日本語学』v.22 n.7、明治書院、pp.30-39
大修館書店編集部(2013)『最新スポーツルール百科2013』大修館書店
高妻容一(1989)「スポーツの国際化―スポーツ英語の問題から―」『日本体育学会大会号』n.40、社団法人日本体育学会、p.80
高見澤孟監修(2003)『はじめての日本語教育 基本用語事典』アスク
滝浪佑紀(2014)「テレビにおける野球中継の分析:映画との比較から」『情報学研究:学環:東京大学大学院情報学環紀要』n.86、東京大学、pp.23-45
竹内通夫(2010)「子規とベースボール~「ベースボール」から「野球」へ~」『ベースボーロジー 野球文化學會論叢』n.11、野球文化學會、pp.276-294
玉置通夫(2012)「野球渡来の諸説に関する検証―資料の踏査を怠ったことが混乱の要因―」『甲南女子大学研究紀要 文学・文化編』n.49、甲南女子大学、pp.137-142
中央調査社(2014)第二十二回「人気スポーツ調査」http://www.crs.or.jp/data/pdf/sports14.pdf(2015/05/01アクセス)
鳥井守幸(1999)「外来語受容形態としての明治野球用語解読」『ベースボーロジー 野球文化學會論叢』n.1、野球文化學會、pp.124-141
日本語教育学会(2005)『新版 日本語教育事典』大修館書店
日本プロフェッショナル野球組織・全日本野球協会(2015)『公認野球規則』ベースボール・マガジン社
広瀬謙三(1960)「スポーツ用語の変遷」『言語生活』n.109、筑摩書房、pp.34-37
芳賀やすし(1960)「生活の中にはいったスポーツ用語」『言語生活』n.109、筑摩書房、pp.24-31
三浦忠四(1982)「日常語と専門語」『化学教育』v.30 n.5、社団法人日本化学会、pp.401-402
水野かほる・渡邊ゆかり(2009)「野球中継で用いられる外来語」『国際関係・比較文化研究』v.8 n.1、静岡県立大学、pp.49-68
籾山洋介(2006)「スポーツに由来する日常の言葉(1)―野球(その1)―」『日本語・日本文化論集第14号』名古屋大学留学生センター、pp.1-15
籾山洋介(2007)「スポーツに由来する日常の言葉(2)―野球(その2)―」『日本語・日本文化論集第15号』名古屋大学留学生センター、pp.101-123
山本雅子・大西五郎(2003)「話し言葉と書き言葉の相互関係―日本語教育のために―」『言語と文化:愛知大学語学教育研究室紀要』v.35 n.8、愛知大学語学教育研究室、pp.73-90
米山明彦(1989)『新語と流行語』南雲堂
頼錦雀(1994)「日本人名における形容詞」『東呉日本語教育』n.15、東呉大学日本文化研究所・日本語文学系、pp.57-78
林慧君(2013)「現代日本語外来語の実態について(Ⅰ)―通時的な調査を通して―」『日本学研究叢書7 現代日本語造語の諸相』国立台湾大学出版中心、pp.209-233
林健雄(2004)『台湾における野球用語の使用実態―日本語借用の観点から―』東呉大学日本語学科修士論文
綿田博人(2003)「日本の野球とアメリカ合衆国のベースボールの相違についての一考察」『体育研究所紀要』v.42 n.1、慶應義塾大学、pp.27-36

野球用語集
横井春野編(1934)『野球用語小辞典』白揚社
自由国民社編(1962)『野球ルールと選手のすべて』自由国民社
野球用語研究会著(2008)『野球用語辞典:イラストと写真でよく分かる』舵社

データベース
ヨミダス歴史館 https://database.yomiuri.co.jp/rekishikan/(2014/11/01-11/30アクセス)


視聴資料
DVD『熱闘甲子園2014』朝日放送/テレビ朝日


QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top