(34.204.201.220) 您好!臺灣時間:2021/04/20 12:06
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:蔡志勇
研究生(外文):Chih-Yung Tsai
論文名稱:日本近代文学に書かれる高等遊民の諸相―漱石と乱歩及び川端を例にして―
論文名稱(外文):Forms of educated idler in modern Japanese Literatures, with reference to Soseki Natsume, Ranpo Edogawa and Yasunari Kawabata
指導教授:范淑文范淑文引用關係
指導教授(外文):Shu-Wen Fan
口試委員:曾秋桂賴雲莊
口試委員(外文):Chiu-Kuei TsengYun-Chuang Lai
口試日期:2016-06-21
學位類別:碩士
校院名稱:國立臺灣大學
系所名稱:日本語文學研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2016
畢業學年度:104
論文頁數:133
中文關鍵詞:高等遊民多樣像變容過程夏目漱石江戶川亂步川端康成
外文關鍵詞:educated idlerdiversityprocessSoseki NatsumeRanpo EdogawaYasunari Kawabata
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:171
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:1
「高等遊民」在日本近代文學中呈現許多不同的樣貌。特別是夏目漱石的作品中所描寫的「高等遊民」最具代表性,廣為人知。明治末期時「高等遊民」一般被稱為是受過高等教育卻沒有從事職業的人。「高等遊民」在文學中呈現出哪些面貌?以及,隨著時代演變其面貌會有什麼樣的變化等等為本論文試著要探討的議題。
本論文主要以夏目漱石、江戶川亂步、川端康成三位作家的作品為題材,三位作家分別活躍於明治末期、大正時代、昭和初期。藉由當時的文獻以及其他參考資料來探討作品中具有「高等遊民」形象的角色,可以進而得知其面貌的多樣性。
整體來說,漱石文學中的角色分成二種,一種為文明批判者。《從此之後》的代助批判當時以資本主義為主的社會,與還留有封建思想的父親產生隔閡。另一種像是《彼岸過迄》的敬太郎,他是都市中迷惘的鄉下人,一邊追求快樂一邊為了出人頭地拼命擺脫「高等遊民」的階級。後者到了大正時,和亂步文學中的角色相當類似,對社會的批判變得薄弱,變成只是一群追求快樂的「高等遊民」。到了昭和初期時,《雪國》的島村可以視為川端文學中的「高等遊民」吧。他對社會的批判轉為消極,逃避現實社會而去追求快樂的途中反省自己過往的自己。


As seen in many late modern Japanese Literatures, the so-called “ educated idler ” was depicted in forms with rich diversity, especially from the works of Soseki Natsume, where the image of “ educated idler ” became a widely recognizable symbol of its kind. During the late Meiji period, the term “ educated idler ” in general was used to referring to someone who had access to receive higher education but did not engage in any particular work activities. This study aims to unveil the diversified forms of “ educated idler ” appeared in modern Japanese Literature and to identify the transformation of its representations given the social and historical context of the time period.
In this study, I will be mainly focusing on Japanese writers Soseki Natsume, Ranpo Edogawa and Yasunari Kawabata, who had gained vast popularity in the late Meiji, Taisho and early Showa period respectively. Historical sources along with other references will be utilized in uncovering deep insights into characters that can be perceived as to have association with the image of “ educated idler ” to further highlight the diversities this representation truly possesses.
Overall, this study has identified that the “ educated idler ” appeared in the works of Soseki Natsume has commonly two types of representation. One embodies a form of civilization criticism, as depicted in "And Then" where the protagonist Daisuke criticizes the Capitalism-centered society surrounding him and expresses alienation towards his father who is still under the influence of Feudalism. The second type can be seen from the protagonist Keitaro of “ To the Spring Equinox and Beyond ”, who comes from rural region and finds himself in dilemma between the act of pursuing pleasure and effort to elevate himself from being an “ educated idler ” in the city. This representation shows similarity with the depiction of characters appeared in the works of Ranpo Edogawa, where “ educated idler ” becomes less critical of the society and more focused on one’s pleasure fulfillment. From this perspective, the male protagonist from Yasunari Kawabata’s “ Snow Country ”, Shimamura, can also be categorized as an “ educated idler ”, as he withdraws himself from facing the reality but often feels regretful in the process of pursuing pleasure.


目次
序論 2
第一節 研究動機 2
第二節 先行研究 3
(一)日本近代社会における高等遊民問題 4
(二)日本近代文学にみる高等遊民像 8
(三)観察者としての高等遊民及び場所の移動 11
第三節 研究方法 13
第四節 論文構成 16
第一章 1910年代以前の漱石文学における高等遊民像 21
第一節 余計者の代助 22
(一)無能力の「車屋」のような代助 22
(二)父への反発としての労働拒否 23
(三)次男の運命 26
第二節 就職難による不安の描写から高等遊民の結末 29
第三節 長井代助の眼差しを通して見えた階層の対立 33
第四節 結び 37
第二章 1910年代の漱石文学における高等遊民像 41
第一節 『彼岸過迄』の視点人物と時制について 42
第二節 都市の観察者――田川敬太郎 46
(一)エリートコースから外れた敬太郎 46
(二)敬太郎の眼差し 52
(三)聴き手としての高等遊民 56
第三節 自我の問題を抱える高等遊民――須永市蔵 57
(一)周縁化された須永の家の位置 59
(二)出生の秘密による母子関係の歪み 61
(三)他者への関係から「退嬰主義」の男の形成 65
第四節 高等遊民の「余裕」の実践者――松本恒三 70
第五節 結び 75
第三章 1920年代の乱歩文学における高等遊民像 79
第一節 「D坂の殺人事件」の都市遊歩者 80
(一)「D坂の殺人事件」に描かれる時代背景と高等遊民との関係 81
(二)明智小五郎の造形と都市遊歩者の眼差し 86
(三)希薄な関係を保つ登場人物 89
第二節 「屋根裏の散歩者」の過剰な観察者 92
(一)郷田三郎の造形及び「東栄館」という空間 92
(二)郷田三郎の眼差しによる犯罪及び他者との関係 95
第三節 結び 100
第四章 1930年代の川端文学における高等遊民像 104
第一節 『雪国』の時間と場所 105
第二節 島村の観察者としての高等遊民 108
(一)「無為徒食」の背景 110
(二)島村の駒子を見ることによる成長 113
第三節 駒子と葉子との謎のような関係 119
第四節 結び 122
結論 125
テキスト 129
参考文献 129



テキスト
夏目漱石(1956.7)『漱石全集』第八巻、岩波書店
夏目漱石(1956.9)『漱石全集』第十巻、岩波書店
江戸川乱歩(1969.4)『屋根裏の散歩者』江戸川乱歩全集1、講談社
川端康成(1984.5再版、1980年4月初版)『川端康成全集』第十巻、講談社
参考文献
(1)単行本(著者名五十音順)
石原千秋(1997.11)『反転する漱石』青土社
石原千秋(1999.4)『漱石の記号学』講談社
海野弘(1983.1)『モダン都市の東京』中央公論社
江戸川乱歩(1970.4)『探偵小説四十年(上)』江戸川乱歩全集13、講談社
奥出健(1989.5)『川端康成『雪国』を読む』三弥井書店
駒尺喜美(1987.12・1987.10初版)『漱石という人』思想科学社
小林洋介(2013.2)『〈狂気〉と〈無意識〉のモダニズム』笠間書院
瀬沼茂樹(1963.3)『近代日本文学の構造Ⅱ大正・昭和の文学』集英社
高木文雄(1940.4・1967.12初版)『漱石の道程』審美社
竹内洋(2005.3)『立身出世主義[増補版]』世界思想社
谷崎潤一郎(2006.6・1969.8初版)『刺青・秘密(文庫版)』新潮社
中山茂(1987.2)『帝国大学の誕生』中央公論社
林武志(1982.11)『鑑賞日本現代文学第15巻川端康成』角川書店
ベンヤミン著今村仁司他訳(2003.6)『パサージュ』第一巻、岩波書店
前田愛(1992.8)『都市空間のなかの文学』筑摩書房
町田祐一(2010.12)『近代日本と「高等遊民」』吉川弘文館
松山巌 (2004.10・1994.7初版)『乱歩と東京』筑摩書房
山内乾史(1995.10)『文芸エリートの研究』有精堂
山本健吉(1969.3・1959.1初版)『近代文学鑑賞講座第13巻 川端康成』角川書店
(2)雑誌及び叢書等所収論文(著者名五十音順)
秋山公男(1991.8)「『彼岸過迄』試論―「松本の話」の機能と時間構造―」『漱石作品論集成 第八巻 彼岸過迄』桜楓社
浅子逸男(1994.12)「『D坂の殺人事件』」『国文学 解釈と鑑賞』59巻12号、至文堂
石川啄木(1980.3)「時代閉塞の現状」『石川啄木全集』第四巻筑摩書房
石原千秋(1990.12)「D坂の殺人事件・江戸川乱歩」『短編の愉快①近代小説のなかの都市』有精堂
石原千秋(1994.12)「『屋根裏の散歩者』」『国文学 解釈と鑑賞』89巻12号、至文堂
石原千秋(1995.11)「長男の記号学」『漱石研究』第五号翰林書房
石原千秋(1999.9)「反=家族小説としての「それから」」『漱石作品論集成 第六巻 それから』桜楓社
石原千秋(2004.11)「【鼎談】隠れ里の文学 川本三郎・小森陽一・石原千秋
」『漱石研究』第17号 翰林書房
内田道雄(1991.8)「『彼岸過迄』再考」『漱石作品論集成 第八巻 彼岸過迄』桜楓社
生方智子 (1998.3)「新しい男」の身体―『それから』の可能性―」『成城国文学』第十四集、成城大学
亀井勝一郎(1991.9)「長井代助―現代文学にあらはれた知識人の肖像―」『漱石作品論集成 第六巻 それから』桜楓社
川崎寿彦(1977.1)「あいまいさの効果」『作文の条件』明治書院
川端康成(1983.8・1982.5初版)「「雪国」について」『川端康成全集』第33巻、新潮社
工藤京子(1992.5)「変容する聴き手―『彼岸過迄』の敬太郎」『日本近代文学』第46集、日本近代文学会
熊坂敦子(1968.11)「「高等遊民」の意味」『国文学 解釈と鑑賞』第33巻13号 至文堂
桑木厳翼(1911.8)「京大七博士気焰録 高等遊民」『太陽』第17巻第11号、博文館
黃翠娥(2005.12)「川端文学における「成長」―『伊豆の踊子』と『雪国』―」『台湾日本語文学報』20号、台湾日本語文学会
高木文雄(1968.2)「須永市蔵」『国文学 解釈と教材の研究』第13巻第3号、東京堂出版
高橋世織 (1990.4)「「謎」の系譜―ミステリー・ゾーンとしての団子坂―」『日本文学研究資料新集14 夏目漱石 反転するテクスト』有精堂
武田信明(1991.3)「『屋根裏の散歩者』論―「遊民」の眼差し」『国文学 解釈と教材の研究 』第36巻3号、学燈社
竹盛天雄(1970.2)「雪国―序論として」『国文学 解釈と教材の研究』15巻3号、学燈堂
玉井敬之(1991.8)「『彼岸過迄』論―空想から現実へ―」『漱石作品論集成 第八巻 彼岸過迄』桜楓社
千種キムラ・スティーブン(1998.5)「姦通文学としての『それから』」『漱石研究』第10号、翰林書房
長島裕子(1990.4)「「高等遊民」をめぐって―『彼岸過迄』の松本恒三『日本文学研究資料新集14 夏目漱石 反転するテクスト』有精堂
中島河太郎(1969.4)「作品解題」『屋根裏の散歩者』江戸川乱歩全集1、講談社
中島玉吉(1938.1)「戸主権論」『家族制度全集 法律編第四巻 家』河出書房
羽鳥徹哉(1984.1)「「雪国」を読む(その1)」『成蹊大学文学部紀要』成蹊大学文学部
羽鳥哲哉(1985.1)「「雪国」を読む(その2・完)」『成蹊大学文学部紀要』成蹊大学文学部
林圭介(2000.3)「〈知〉の神話―夏目漱石『それから』論」『成城国文学』第十六号、成城大学
平野嘉彦(2006.10)「『屋根裏の散歩者』から『猫町』へ」―『群衆と観相学/群衆の観相学』の序にかえて―」『ドイツ文学』日本独文学会
平山三男(1979.3)「「雪国」年立論の視点から」『川端康成研究叢書』5教育出版センター
福永武彦(1968.12)「解説」『川端康成集』新潮日本文学15、新潮社
山田有策(1991.8)「「彼岸過迄」敬太郎をめぐって」『漱石作品論集成 第八巻 彼岸過迄』桜楓社
米田利昭(1990.4)「高等遊民とは何か―『彼岸過迄』を読む―」『日本文学研究資料新集14 夏目漱石 反転するテクスト』有精堂
(3)事典・辞典及びその他(発行年順)
(1908.9)『民法』有斐閣
(1911.12)彙報欄「教学界」『早稲田文学』第73号、早稲田文学社
服部嘉香・植原路郎(1925)『新しい言葉の字引』大増補版、実業之日本社
安倍能成(1911.8.30)「文壇の高等遊民」(上)「朝日文芸欄」『東京朝日新聞』
(1920)「不景気風は東大生の就職にも」『東京時事新報』(『東京時事新報(マイクロフィルム版)』ニチマイ、1955年出版、1920年4月22日付夕刊二面)
谷崎精二(1925.7)「カフェーと学生」『中央公論』40年7月号、中央公論社
(1930)「よみうり直言/高等遊民の増加」『読売新聞』読売新聞社、1930年2月8日付朝刊二面
池田彌三郎ら編『東京百年史』第四巻、ぎょうせい、1979年7月
米田利昭(1992.4)「高等遊民」『夏目漱石事典』学燈社
(2002)『昭和社会資料事典』第一巻、日本図書センター


QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關論文
 
無相關期刊
 
無相關點閱論文
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔