(75.101.220.230) 您好!臺灣時間:2020/09/29 03:25
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
本論文永久網址: 
line
研究生:嚴翔彬
研究生(外文):Yen, Hsiang Pin
論文名稱:文化觀光的新型態:從迷文化角度分析日本動畫聖地巡禮現象
論文名稱(外文):New form of Cultural Tourism : Study of Japanese Anime Pilgrimage from Fandom
指導教授:李世暉李世暉引用關係
口試委員:陳聖智劉慶瑞
學位類別:碩士
校院名稱:國立政治大學
系所名稱:日本研究碩士學位學程
學門:社會及行為科學學門
學類:區域研究學類
論文種類:學術論文
畢業學年度:105
語文別:中文
論文頁數:107
中文關鍵詞:迷文化御宅族文化文化觀光動畫聖地巡禮
相關次數:
  • 被引用被引用:3
  • 點閱點閱:925
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
日本的動畫產業自1990年代以來,受到動畫題材的擴展與製作技術的進步影響,開始出現以真實的日本地區為故事背景的動畫作品,而以此為契機,許多動畫迷在觀賞之後,循著動畫中的線索,找出了動畫的參考地點,並且前往當地觀光,其將自身的行動稱之為「聖地巡禮」。此種由動畫所引發的觀光效應,在2007年時開始在日本各地廣為人知,必且進一步促成了聖地巡禮現象的擴展,不僅僅是動畫單方面的描繪,也有許多地方組織積極與動畫製作者合作,試圖藉由動畫的宣傳來為地方的文化觀光打開新局。
動畫作為日本御宅族文化的核心媒體,也使得聖地巡禮與御宅族文化之間有了密不可分的關係,動畫迷不僅是作為觀光客在當地消費,更是當地觀光資源的生產者,透過迷的文本產製,地方文化與御宅族文化之間,產生了諸多互動與影響。本文透過迷文化的角度,嘗試描述「動畫聖地巡禮」作為文化場域的面貌與架構,並且以此架構來探討御宅族文化與地方文化,乃至於傳統的宗教文化之間的關聯性。

第一章 緒論 1
第一節 研究背景 1
第二節 研究動機與目的 3
第三節 研究架構 6
第四節 研究方法與限制 7
第五節 名詞解釋 8
第二章 從迷文化到御宅族的消費模式 11
第一節 次世代文化觀光的出現 11
第二節 過往的迷文化研究 13
第三節 做為迷的御宅族 22
第四節 御宅族的「二次創作」:同人誌與Cosplay 28
第五節 御宅族的消費模式 35
第六節 文獻回顧 39
第三章 動畫聖地巡禮的歷史發展 47
第一節 在巡禮之前:世俗化的聖地與秋葉原 47
第二節 動畫聖地巡禮的形成 49
第三節 琦玉縣鷲宮神社與電視動畫《幸運星》 51
第四節 2008年以來的動畫聖地巡禮發展 55
第五節 「鷲宮町模式」以外的聖地巡禮案例 61
第六節 衝突與負面影響的可能性 65
第四章 動畫聖地巡禮的結構分析 69
第一節 動畫聖地巡禮的結構組成 69
第二節 動畫聖地巡禮者的「他向性」追求 78
第三節 御宅族文化與地方文化之間 82
第四節 動畫製作者的參與 87
第五節 在虛構與真實之間:「歷女」與動畫聖地巡禮 90
第五章 結論 95
第一節 文化交流場域的動畫聖地巡禮 95
第二節 研究展望 100
參考文獻 103

英文部分
Cornel Sandvoss. 2005. Fans: The Mirror of Consumption. Bosto: Polity Press.
Henry Jenkins. 2006. The Wow Climax: Tracing the Emotional Impact of Popular Culture. New York: New York UP.
John Fiske. 1989. Understanding Popular Culture. London: Routledge.
Laura Desfor Edles. 2002. Cultural Sociology in Practice, Malden, Mass. Oxford: Blackwell.
Matt Hills. 2002. Fan Cultures. London: Routledge.
中文部分
專書與論文
Cornel Sandvoss,2012,《迷與消費》,王映涵譯。新北市:韋伯文化國際。
Henry Jenkins,2007,《WOW效應:流行文化如何抓得住你》,蕭可斑譯。台北
市:貓頭鷹出版。
John Fiske,1993,《瞭解庶民文化》,陳正國譯。台北市,萬象圖書。
Laura Desfor Edles,2006,《文化社會學的實踐》,陳素秋譯。新北市:韋伯文化國際。
Matt Hills,2009,《探究迷文化》,朱華瑄譯。新北市:韋伯文化國際。
岡田斗司夫,2009,《阿宅,你已經死了!》,談璞譯。台北市:時報出版。
野村總合研究所御宅族市場預測小組,2006,《瞄準御宅族:打開人潮與錢潮的關鍵小眾大市場》,江裕真譯。台北市:商周出版。
李衣雲,1999,《私と漫畫の同居物語》,台北市:新新聞。
陳仲偉,2009,《日本動漫畫的全球化與迷的文化》,台北市:唐山出版。
陳箐繡,〈與漫畫幻想精靈共舞:漫畫同人誌社群的藝術文化現象〉,《藝海拾貝》,144,73-81。
學位論文
白超熠,2006,《Cosplay的視覺文化研究-一個後現代的文化論述》,南華大學環境與藝術研究所碩士論文。
黃瑋斌,2009,《男性御宅族的愛情/色情幻想與實踐之研究》,國立臺灣師範大學大眾傳播研究所碩士論文。
張簡紹甫,2015,《日本「迷文化」之研究-以同人音樂為探討對象-》,國立高雄第一科技大學應用日語研究所碩士論文。
章淵博,2008,《日本漫畫與御宅文化》,國立高雄第一科技大學應用日語所碩士論文。
謝承昇,2013,《日本次文化之研究─以電子遊戲為例─》,國立高雄第一科技大學應用日語所碩士論文。
日文部分
專書
東浩紀,2001,《動物化するポストモダン:オタクから見た日本社会》,東京都:講談社。
遠藤英樹、寺岡伸悟、掘野正人編,2014,《観光メディア論》,京都市:ナカニシア。
岡本健,2013,《n次創作観光》,北海道:NPO法人北海道冒險藝術出版。
岡本健,2014,《マンガ・アニメで人気の「聖地」をめぐる:神社巡礼》,東京都:エクスナレッジ。
岡本亮輔,2015,《聖地巡礼》,東京都:中央公論新社。
大塚英志,2014,《メディアミックス化する日本》,東京都:イースト・プレス。
コンテンツツーリズム学会,2014,《コンテンツツーリズム入門》,東京都:古今書院。
齋藤環,2006,《戦闘美少女の精神分析》,東京都:筑摩書房。
辻泉、岡部大介、伊藤瑞子編,《オタク的想像力のリミット―〈歴史・空間・交流〉から問う》,東京都:筑摩書房。
森川嘉一郎,2008,《趣都の誕生》,東京都:幻東舍。
由谷裕哉、佐藤喜久一郎,2014,《サブカルチャー聖地巡礼―アニメ聖地と戦国史蹟―》,東京都:岩田書院。

論文
入江由規,2014,〈「ゲスト」へと変貌したオタクたちーアニメ聖地巡礼者の交流からー〉,《フォーラム現代社会学》,13:58-70。
井手口彰典,2009,〈萌える地域振興の行方--「萌えおこし」の可能性とその課題について〉,《地域総合研究》,37(1):57-69。
今井信治,2009,〈アニメ「聖地巡礼」実践者の行動に見る伝統的巡礼と観光活動の架橋可能性:埼玉県鷲宮神社奉納絵馬分析を中心に〉,《CATS叢書:観光学高等研究センター叢書 = CATS Library》,1:87-111。
上田明日香,2011,〈アニメ聖地巡礼の地理学 : 「けいおん!」を事例に〉,《コンテンツツーリズム研究》,創刊準備號:38-62。
大石玄,2012,〈アニメ《舞台探訪》成立史: いわゆる《聖地巡礼》の起源について〉,《釧路高専紀要》, 45:41-50。
岡本健,2009,〈アニメ聖地巡礼の誕生と展開〉,《CATS叢書:観光学高等研究センター叢書 = CATS Library》,1:31-62。
岡本健,2011,〈交流としての観光―アニメ聖地巡礼から考える情報社会の旅行コミュニケーション〉,《人工知能学会誌》,26(3):256-263。
岡本健,2011,〈現代日本における若者の旅文化に関する研究-アニメ聖地巡礼を事例として〉,《旅の文化研究所研究報告》,19:1-19。
岡本健,2012,〈「旅行者主導型コンテンツツーリズムにおける観光資源マネジメント:らき☆すた聖地「鷲宮」とけいおん!聖地「豊郷」の比較から〉,《日本情報経営学会誌》,32(3):59-71。
神田孝治,2012,〈白川郷へのアニメ聖地巡礼と現地の反応 : 場所イメージおよび観光客をめぐる文化政治〉,《観光学》,7:23-28。
釜石直裕,2012,〈第3世代アニメ聖地巡礼の諸相:観光地発展段階論による分析から〉,《コンテンツツーリズム論叢 : Collected Treatises on Contents Tourism》,1:96-103。
玉井建也,2009,〈「聖地」へと至る尾道というフィールド:歌枕から『かみちゅ!』へ〉,《コンテンツ文化史学会》,1:22-34。
玉井建也,2011,〈地域イメージの歴史的変遷とアニメ聖地巡礼:鎌倉を事例として〉,《コンテンツ文化史学会》,3:1-12。
谷村要,2011,〈アニメ聖地巡礼者の研究(1)ー2つの欲望のベクトルに着目してー〉,《大手前大学論集》,12:187:199。
田川隆博,2009,〈オタク分析の方向性〉,《名古屋文理大学紀要》,9:73-80。
澤田廉路,2007,〈境港市における観光活動設計のプロセスと今後の課題-水木しげるロード周辺の事例を中心として-〉,《TORCレポート》,30:61-78。
澤田廉路,2009,〈境港市の『水木しげるロード』整備と商店街の変容に関する考察〉,《国際交通安全学会誌》,34(1),68-76。
筒井隆志,2013,〈コンテンツツーリズムの新たな方向性~地域活性化の手法として~〉,《経済のブリズム》,110:10-24。
中西純夫,2011,〈東京ディズニーランドにおけるディズニー文化の受容〉,《千葉大学人文社会科学研究》,22:151-166。
風呂本武典,2012,〈過疎地域におけるアニメ系コンテンツツーリズムの構造と課題~アニメ「たまゆら」と竹原市を事例に~〉,《広島商船高等専門学校紀要》,34:101-119。
風呂本武典,2012,〈内発的発展の思考によるコンテンツツーリズム 〜広島県内の漫画アニメ地域振興事例の比較検討 たまゆら-竹原・朝霧の巫女-三次〜〉,《広島商船高等専門学校紀要》,35:55-68。
堀内和哉、小山友介,〈アニメ聖地巡礼に関する調査研究〉,http://journals.socsys.org/symposium005/pdf/005-004.pdf。
水野博介,2013,〈都市メディア論(10)「アニメの聖地巡礼」とコミュニティ:アニメ作品をきっかけにつながる若者と住民 〉,《埼玉大学紀要. 教養学部》,49(1):247-252。
水野博介,2013,〈都市メディア論(11)「アニメの聖地巡礼」諸事例(1)〉,《埼玉大学紀要. 教養学部》,49(2):151-157。
水野博介,2014,〈都市メディア論(12)「アニメの聖地巡礼」諸事例(2)〉,《埼玉大学紀要. 教養学部》,50(1):167-174。
山村高淑,2008,〈アニメ聖地の成立とその展開に関する研究:アニメ作品「らき☆すた」による埼玉県鷲宮町の旅客誘致に関する一考察〉,《国際広報メディア・観光学ジャーナル》,7:145-164。
山村高淑,2009,〈観光革命と21世紀:アニメ聖地巡礼型まちづくりに見るツーリズムの現代的意義と可能性〉,《CATS叢書:観光学高等研究センター叢書 = CATS Library》,1:3-28。
山村高淑,2013,〈大衆文化の揺籃としての神社を考える: なぜ神社がコン テンツツーリズムの目的地となるのか?〉,《環境会議》,39:175-181。
山村高淑,2014,〈「アニメ聖地巡礼」と「コンテンツ・ツーリズム」:作品への愛と旅することの本質について考える〉,「全国アニメ聖地サミットin豊郷.」(11月23日),滋賀県豊郷町:豊郷町観光協会。

連結至畢業學校之論文網頁點我開啟連結
註: 此連結為研究生畢業學校所提供,不一定有電子全文可供下載,若連結有誤,請點選上方之〝勘誤回報〞功能,我們會盡快修正,謝謝!
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔