(3.232.129.123) 您好!臺灣時間:2021/03/06 00:43
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:升水 美沙子
研究生(外文):Misako Masumizu
論文名稱:為支援職業婦女而發展之早餐事業―以高知縣及台灣實際情況為依據
論文名稱(外文):The approach of unveiling the breakfast field whether being supportive to the working women.-Under the research of Kochi and Taiwan breakfast market
指導教授:橘孝司橘孝司引用關係
指導教授(外文):Takashi Tachibana
學位類別:碩士
校院名稱:國立臺中科技大學
系所名稱:應用日語系日本市場暨商務策略碩士班
學門:社會及行為科學學門
學類:區域研究學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2017
畢業學年度:105
論文頁數:80
中文關鍵詞:女性就業晨食服務」「朝食店」「早餐店」早餐事業
外文關鍵詞:Fulfillment of the Requirementsbreakfast specialbreakfast marketBusiness of the breakfast
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:143
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
摘 要
本研究的主要目的為探討於在日本發展專門提供早餐之事業,是否能夠減輕職業婦女性的家事負擔及改善女性因就業而不吃早餐之現象。
  從安倍經濟學中所推動的「女性經濟學」成果看來,僅憑籍女性雇用推廣制度並無法完全支援就業婦女。此外,伴隋女性就業率之成長,早餐攝取比例也同時減少,因此本研究也關注兩者之間的關聯性。
 因結婚、生育而離職的女性在日本全國各地皆有所差異,尤其日本海沿岸興都市之差異更為顯著。然而位於四國地區南部的高知縣,因結婚或生育而離職的M型曲線就業率卻僅有些微差異。不論政府所設置之女性雇用推廣制度,本研究発現在高知縣致力於提高女性活躍的外食產業,特別是提供「晨食服務」的飲食店非常興盛,其數量及使用率皆保持全國第一。
此外,女性就業率為亞洲前段的台灣,其外食産業也相當興盛,日常生活中也可觀察到早餐外食的現象。
本研究並非論述外食産業,特別是提供早餐店家數量與女性就業之因果關係,而是透過高知縣於台灣的實際情況發現其意涵。為減輕雙薪家庭之家事負擔,且改善女性因就業而不吃早餐之現象為目的,本研究以外食文化與盛(包括早餐)的台灣「早餐店」為依據,考察日本早餐事業之發展及展望。
ABSTRACT
As the beginning, this study is about Taiwanese breakfast culture being possibly having a chance stretching out in Japan. Under the possibly feasibly stretch and as the prime minister Abe economics theory concluded, is it attainable finding a solution to lessen the burden of the women- in- the- work field and in the meantime to get the balance right for having working women a more healthy and convenient morning meal.
We can tell from the Japan national wide research, there being a difference between every political local departments. Take Kochi as a remarkable example. We can discover that Kochi local government is dedicated in bringing take-out food culture to recent life especially the breakfast service. And astonishingly the quantity of Kochi breakfast shops turns out to be in the first place of Japan counties.
Thus, on the observed basis of Taiwan breakfast classic culture helpfully soothing the tension of double paid family not having enough time to make a sound breakfast, whether the feasibility of having Japan the Taiwanese breakfast eating habits broadened is the topic today we want to find out.
目 次
中国語摘要 ⅰ
ABSTRACT ⅱ
日本語概要 ⅲ
謝   辞 ⅳ
目   次 ⅴ
表 目 次 ⅶ
図 目 次 ⅷ
第一章 序論 1
 第一節 研究背景 1
  1.1.1 女性雇用推進制度の現状と実態及び課題 1
1.1.2 朝食摂取率の推移に見る女性進出との関連性 2          第二節 研究目的 3                 
第三節 研究方法 4
 第四節 研究制限 5
 第五節 論文構成 5
第二章 先行研究 6
第一節 地域別にみる女性就業率 6
 第二節 女性就業率の地域差要因 8
  2.2.1 女性の学歴 8
  2.2.2 男性の収入 8
  2.2.3 三世代同居率 9
 第三節 まとめ 10
第三章 現状と考察―高知県の実情 11
 第一節 高知県の女性就業率 11
 第二節 高知県の女性就業における特徴 11
 第三節 高知県M字型カーブ分析 14
 第四節 高知県―「働く女性」をサポートための朝食ビジネス 15
 第五節 まとめ 16
第四章 現状と考察―台湾の実情 17
第一節 台湾の女性就業率 17
 第二節 台湾の外食による朝食スタイル 18
 第三節 台湾の「早餐店」利用状況 20
 第四節 台湾人インタビューリサーチ 24
  4.4.1 調査方法 24
  4.4.2 調査まとめ 24
4.4.3 調査の考察 25
第五節 まとめ 27
第五章 日本の朝食ビジネス 28
 第一節 日本で朝食を提供する店 28
 第二節 日本の外食による朝食利用状況 36
 第三節 日本人の朝食に対する意識 38
第四節 昨今の朝食ビジネスの動き 43
第五節 まとめ 44
第六章 結論 46
第一節 研究の要約 46
第二節 研究の考察―インプリケーションに基づく実践への示唆 48
6.2.1 日本の朝食ビジネスへの示唆 48
6.2.2 予想される課題の検討 49
第三節 今後の課題 50
補注 51
付表 57
参考文献 76















表目次

表3.1 管理職に占める女性の数及び割合トップ10(都道府県別) 12
表3.2 M字の深さ浅い順トップ10(都道府県別) 12
表3.3 喫茶店数人口当たりの割合―都道府県ランキングトップ10 15
表4.1 月当たりの個人飲食状況 21
表4.2 台湾人の過去一年間の食品調達経路利用率 22
表4.3 台湾人の過去一年間に最も利用した「朝食店」 23
表5.1 洋食ファーストフードのモーニングサービス 32
表5.2 ファミリーレストランのモーニングサービス 34
表5.3 牛丼店及びその他和食ファーストフードの朝食メニュー 35























図目次

図1.1 朝食欠食の年次推移 3
図1.2 共働きと片働きの世帯数年次推移 3
図2.1 25〜44歳の育児をしている女性の都道府県別有業率 7
図2.2 共働き率 7
図3.1 M字の深さ(都道府県別) 13
図3.2 女性管理職比率(都道府県別) 13
図3.3 都道府県別M字カーブの深さ、管理職比率、出生率 14
図4.1 台湾の家庭形態比率(2015年) 18
図5.1 コンビニをよく利用する時間帯 30 
図5.2 コンビニ商品別利用比率 30
図5.3 外で朝食を利用している場所(職業別) 37
図5.4 外で朝食に利用している場所 37
図5.5 外で朝食を摂る際の購入先 37
図5.6 朝食に対する意識と実態 39
図5.7 朝食へのこだわり、求めるもの(男女別) 40
図5.8 自宅で朝食にかける時間 41
図5.9 外食で朝食を食べる利点 42 
図5.10 外食の朝食にかける費用 42
図 補注1.1 育児休業取得率の推移 51
図 補注1.2 世代別、性別役割分担に関する意識の変化 53
図 補注1.3 性別役割分担に関する世代による特徴 53
参考文献
中国語書籍
王素梅・李河水(2008)〈2008年台灣食品消費分析文集〉財団法人食品工業発展研究所 
王素梅・李河水(2015)〈台灣食品消費調査統計年鑑2015年〉行政院農業委員会委瓣 財団法人商品工業発展研究所
〈台湾食品消費調査統計年鑑2015年〉行政院農業委員会委瓣 財団法人商品工業発展研究所

中国語サイト
中華民国労働部 ‹http://www.mol.gov.tw/statistics/2461 /›
中華民国労働部「2014 年女性勞動力參與率-按年齡分」pdf
‹https://www.mol.gov.tw/media/2687837/103›
“「早安!美芝城」”‹http://www.macc.com.tw/›参照2017-3-12
“「動脳brain」”2014-02-26 18:11『早餐外食再擴張,速食、超商大躍進』
‹http://www.brain.com.tw/news/articlecontent?sort=&ID=19812#X6CvPk5Z›参照2017-1-12
“「傳統的中式餐飲店在外來軍團的強大壓力下,逐步改變」”
‹http://talk.ltn.com.tw/article/breakingnews/1525000›

日本語文献
安部由紀子・近藤しおり・森邦惠(2008)「女性就業の地域差に関する考察―
集計データを用いた正規雇用就業率の分析」『家計経済研究』第80巻
pp.64-74,家計経済研究所
宇南山卓(2009)「卓少子高齢化対策と女性の就業について―都道府県別デー
タからわかること―」『RIETI highlight』第29巻pp.26-29,独立行政法人経
済産業研究所
佐野晋平(2015)「シグナリング理論 人的資本とシグナリング」『日本労働研
究雑誌』2015年4月号No.657、pp.4-5,独立行政法人労働政策研究・研修機

仙田幸子(2002)「既婚女性の就業継続と育児資源の関係--職種と出生コーホ
ートを手がかりにして (特集:少子化に関する家族・労働政策の影響と少子
化の見通しに関する研究)」『人口問題研究』第58巻第2号、pp.2-21,国立社会保障・人口問題研究所
武石恵美子(2007)「マクロデータでみる女性のキャリアの変還と地域間比較」『生涯学習とキャリアデザイン』第4巻 pp.19-34,法政大学キャリアデザイン学会
橋本由紀・宮川修子(2008-2009)「なぜ大都市圏の女性労働力率は低いのか -現状と課題の再検討-」『RIETIディスカッションペーパー』No.08-J-043,独立行政法人経済産業研究所
樋口美緒・松浦寿幸・佐藤一磨(2007)「地域要因が出産と妻の就業継続に及ぼす影響について―家計経済研究所「消費生活に関するパネル調査」による分析―」『RIETIディスカッションペーパー』No. 07-J-012,独立行政法人経済産業研究所
不破麻紀子(2012)「就業環境の地域差と高学歴女性の就業」『社會科學研究』 第64巻第1号、pp.114-133,東京大学社会科学研究所

日本語書籍
日本博学倶楽部(2005)「出身者でも意外と知らない「県民性」の常識・非常
 識」PHP研究所
日本博物学倶楽部(1998)『「県民性」なるほど雑学辞典』PHP研究所
松村明編(1995)『大辞林』第二版、東京:三省堂
(2008)『広辞苑』東京:岩波書店
(2012)デジタル大辞泉 第二版、小学館

日本語サイト
“「育児(子育て)に関する話題……本と雑誌のニュースサイト/リテラ」”2014/10/7『有村vs蓮舫の国会論戦でも判明!安倍内閣の女性政策は専 
業主婦奨励!?』”‹http://lite-ra.com/2014/10/post-527.html›参照2016-9-5
“「株式会社マーシュによるマーケティングリサーチ『朝食に関するアンケー
ト調査』」”
‹https://www.marshresearch.co.jp/miniresearch/mr201603choushoku.html›    参照2017-3-5
“「ガストMorning(モーニング)メニュー」”
 ‹http://www.skylark.co.jp/gusto/menu/morning.html›参照2017-3-10
“暮らしいきいき 高知が見える とさあち” 
‹http://www.tosasearch.com/kissa/Index› 参照2016-5-30
“「ケンタッキー・フライド・チキン ケンタッキーモーニング」”
 ‹https://www.kfc.co.jp/menu/kfcam.html›参照2017-3-10
厚生労働省ホームページ「国民健康・栄養調査」参照2016-11-17
厚生労働省(2002)「国民栄養の現状レポート平成14年」参照2016-11-17
“「ココスモーニングメニュー」”参照2017-3-10
 ‹https://www.cocos-jpn.co.jp/menu/morning/›
産経Biz‹ http://www.sankeibiz.jp/flash/lists/flash-n.htm›参照2017-1-3
“「知られざる日本のコーヒーと喫茶店の歴史」”
‹https://dime.jp/genre/357333/2/›参照2017-4-20
“「すき屋朝食メニュー」”
‹http://www.sukiya.jp/menu/in/morning/ ›参照2017-3-10
セブンイレブン‹http://www.sej.co.jp/cmp/›参照2017-3-10
総務省統計局「労働力調査用語の解説」
‹http://www.stat.go.jp/data/roudou/definit.htm›参照2017-5-10
総務省「2012年国勢調査」厚生労働省ホームページ) -
(2014)総務省「グラフ25〜44歳の育児をしている女性の都道府県別有業率―平成24年」  
‹http://www.stat.go.jp/data/shugyou/topics/pdf/topics74.pdf›
参照2016-5-20
「男女共同三画コーナーとらいあんぐる台湾と日本広報薩摩川内」
 2013年3月25号 
“「地域の入れ物喫茶店数の都道府県ランキング(2016年)」”
‹ http://www.region-case.com/rank-h26-office-cafe/›参照2016-11-18
“2011年厚生労働省雇用均等雇用調査”参照2016-12-1
データえっせい「県別・性別の大学進学率2015年春」
 ‹http://tmaita77.blogspot.tw/2015/08/2015.html›参照2017-1-5
“「デニーズセレクトモーニング」”
 ‹ http://www.dennys.jp/menu/select-morning/›参照2017-4-10
(2016)「統計でみる高知県のすがた」(日本銀行高知支店)
‹ http://www3.boj.or.jp/kochi/pdf/kochinosugata2016.pdf ›参照2016-11-20
「都道府県別統計とランキングで見る県民性」
‹http://todo-ran.com/›参照2017-3-15
“「内閣府平成27年度版 食育白書 第2章 家庭における食育の推移」”
 ‹http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/wpaper/h27_index.html›参照2016-7-10
内閣府男女共同参画局「共同参画」2013年 10月号
日本政策投資銀行
“「なか卯朝ごはん」”
‹http://www.nakau.co.jp/jp/menu/category›参照2017-3-10
“データでみる働く女性の実情”共立総合研究所 調査部 陸田 いずみ
‹https://www.okb-kri.jp/_userdata/pdf/report/154-focus3.pdf›
参照2016-3-10
“「早寝早起き朝ごはん」”(全国協議会)
‹http://www.hayanehayaoki.jp/download.html›参照2016-4-22
“「マクドナルド朝マックメニュー」”
‹http://www.mcdonalds.co.jp/menu/burger/morning.html›参照2017-4-20
“「松屋メニュー」”
‹https://www.matsuyafoods.co.jp/menu/teishoku/index.html›参照2017-3-10
“「ロッテリアモーニングメニュー」”
 ‹https://www.lotteria.jp/menu/category.php?c=morning›参照2017-4-20
“「ワールドビジネスサテライト2017年3月9日放送分」”
‹https://youtu.be/NwcVUNSPfF4› 参照2017-3-10
“「まねき食品株式会社『えきそばの起こり』」”
 ‹http://www.maneki-co.com/ekisoba.html›参照2017-3-11
“「日経bizアカデミー」”
‹http://bizacademy.nikkei.co.jp/›参照2017-3-11
“「吉野家朝食」”
‹https://www.yoshinoya.com/menu/morningset/›参照2017-3-10
“ライナーウェブ”2017年3月17日
‹https://www.liner.jp/news/201703177694/›参照2017-4-10
“「リビングくらしHOW研究所『朝食についてのアンケート』」”
‹https://www.marshresearch.co.jp/miniresearch/mr201603choushoku.html›
参照2017-3-5
 ‹http://www.itmedia.co.jp/business/subtop/work/index.html›参照2017-3-10
“「ロイヤルホストモーニングメニュー」”
 ‹http://www.royalhost.jp/menu/morning/›参照2017-4-20
“「C-NEWS編集部働き方改革」”参照2017-2-24
“NHK総合ニュースシブ5時”
“ONLINE entertainment magazine edea.jp” 2013年4月号
“「KOETOMO調査レポート『朝食に関するアンケート』」”
‹ http://www.koetomo.jp/questionnaire/20151026/›参照2016-1-21
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關論文
 
無相關期刊
 
無相關點閱論文
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔