跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.192.38.248) 您好!臺灣時間:2022/11/27 06:02
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:張策
研究生(外文):CHANG,TSE
論文名稱:宮澤賢治童話中所見主角的「自我意識的分歧」考察―以花卷農業學校時期童話作品〈富蘭頓農校的豬〉〈黃色番茄〉〈土地神與狐狸〉〈歐茨貝爾與象〉〈貓的事務所〉為中心―
論文名稱(外文):A Study of "self-consciousness differences" investigated the protagonists in Kenji Miyazawa's fairy tales during his service in the Hanamaki Agricultural School, including "Flandon-nogattuko no Buta" "Kiiro no Tomato" "Tsuchigami to kitsune" "Otsuberu To Zo" "Neko no jimusho"
指導教授:張桂娥張桂娥引用關係
指導教授(外文):CHANG,KUEI-E
口試委員:王佑心陳美瑤
口試委員(外文):WANG,YU-HSINCHEN,MEI-YAO
口試日期:2017-06-26
學位類別:碩士
校院名稱:東吳大學
系所名稱:日本語文學系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2017
畢業學年度:105
語文別:日文
論文頁數:102
中文關鍵詞:宮澤賢治花卷農業學校時代自我意識的分歧悲劇
外文關鍵詞:Kenji MiyazawaHanamaki Agricultural School eraself-consciousness differencestragedy
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:372
  • 評分評分:
  • 下載下載:40
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
宮澤賢治是創作〈歐茨貝爾與象〉和〈貓的事務所〉等收錄在日本國文課本的知名作品,也是日本最知名的兒童文學作家之一。
  筆者受到發生在宮澤賢治的花卷農業學校任教時期與同事奧寺五郎之間糾紛所啟發,產生了作者是否在受到奧寺的話語衝擊而受傷,和從這場糾紛中所見因他人行為而形成「自我意識的分歧」現象是否有反映在作品當中等疑問。筆者調查宮澤賢治在花卷農業學校任教時期撰寫的作品時,發現在〈富蘭頓農校的豬〉、〈黃色番茄〉、〈土地神與狐狸〉、〈歐茨貝爾與象〉和〈貓的事務所〉等5篇作品的主角皆有受到他人行為影響,造成了因「自我意識的分歧」而挫傷的經驗。筆者將這5篇作品列為本論文的研究範圍。
  本論文將會以5篇童話主角「自我意識的分歧」所造成的悲劇為中心,考察5篇童話主角和其他登場角色的互動演變,釐清主角和其他登場角色之間的關係,解開主角們悲劇背後的原因與背景。
  本論文的結構方面,第2章至第6章會考察5篇童話主角和其他登場角色的互動演變,釐清主角們和其他登場角色之間的關係,並論述主角們悲劇背後的原因與背景。第7章則會整理5篇童話主角「自我意識的分歧」成立背後的原因與背景,並闡述筆者的意見。透過本論文的考察,能夠解開宮澤賢治在花卷農業學校任教時期撰寫這5篇童話主角「自我意識的分歧」所造成的悲劇機制中所隱含的寓意。

Kenji Miyazawa is the author of <Otsuberu to Zo>, <Neko no jimusho>, and other well-known works including Japanese textbooks. He is known as one of the most famous children's literature writer in Japan.

  Inspired by the conflict between Kenji Miyazawa and his colleague Gorô Okutera when they taught in the Hanamaki Agricultural School, my thesis started with the proposition that Miyazawa was psychologically impacted by the word choice of Mahyama during their verbal conflict. I became interested to know whether the disputes had made Miyazawa a "self-conscious divergence". I investigated the works written by Kenji Miyazawa in the Hanamaki Agricultural School, finding that the author had been affected by the behavior of others, resulting in "self-consciousness differences" and the experience of injury in five works included <Flandon-nogattuko no Buta>, <Kiiro no Tomato>, <Tsuchigami to kitsune>, <Otsuberu To Zo> and <Neko no jimusho>. So, I listed these five works as the research scope of this study.

  This study will focus on the tragedy of these fairy tales caused by "self-consciousness differences". Through examining the interaction of protagonist and other debut characters, clarified the relationship between them and solved the reasons and background behind the tragedy.

The structure of this study was, examined the interaction of protagonist and other debut characters, clarified the relationship between them and solved the reasons and background behind the tragedy in chapter 2 to chapter 6, and then organized the reasons and background behind the formation of "self-consciousness differences" and elaborated my opinion in chapter 7.

第一章 序論

 1.1 研究動機………………………………………………………1
 1.2 先行研究………………………………………………………8
 1.3 研究内容及び研究方法………………………………………16

第二章 「フランドン農学校の豚」に見られる
    豚の〈自己認識のずれ〉

 2.1 豚と農学校の人間との関わり方 …………………………19
 2.2 豚の〈自己認識のずれ〉による悲運………………………25 
 2.3 豚の〈自己認識のずれ〉の生成メカニズム………………29

第三章 「黄いろのトマト」に見られる
    ペムペルとネリ兄妹の〈自己認識のずれ〉

 3.1 ペムペルとネリ兄妹の大人たちとの関わり方……………33
 3.2 ペムペルとネリ兄妹の〈自己認識のずれ〉による悲運………………………………………………………………………37
 3.3 ペムペルとネリ兄妹の〈自己認識のずれ〉の生成メカニズム………………………………………………………………41

第四章 「土神ときつね」に見られる
     土神の〈自己認識のずれ〉

 4.1 土神の樺の木と狐との関わり方 ……………………………46
 4.2 土神の〈自己認識のずれ〉による悲運……………………54
 4.3 土神の〈自己認識のずれ〉の生成メカニズム……………59
 
第五章 「オツベルと象」に見られる
    白象の〈自己認識のずれ〉

 5.1 白象とオツベルとの関わり方………………………………62
 5.2 白象の〈自己認識のずれ〉による悲運……………………70
 5.3 白象の〈自己認識のずれ〉の生成メカニズム……………74 

第六章 「猫の事務所」に見られる
    かま猫の〈自己認識のずれ〉

 6.1 かま猫の事務所の猫たちとの関わり方……………………77
 6.2 かま猫の〈自己認識のずれ〉による悲運…………………82
 6.3 かま猫の〈自己認識のずれ〉の生成メカニズム…………86

第七章 結論…………………………………………………………89

付録
•テクスト…………………………………………………………96
•参考文献…………………………………………………………96

表1 花巻農学校時代に執筆した童話作品の主題・モチーフ……3
表2 5編の童話の主人公の悲運の生成メカニズム………………95

1.参考書籍
•西田良子(1974)『日本児童文学研究』(牧書店)
•萬田務(1975)『人間宮沢賢治』(桜楓社)
•佐藤泰正編(1980)『別册國文學・宮沢賢治必携』(学燈社)
•萬田務、伊藤真一郎編(1984)『作品論 宮沢賢治』(双文社)
•続橋達雄(1988)『宮沢賢治少年小説』(洋々社)
•宮沢賢治(1991)『宮澤賢治 近代と反近代』(洋々社)
•堀尾青史(1991)『年譜 宮澤賢治伝』(中央公論社)
•堀尾青史(1991)『宮澤賢治年譜』(筑摩書房)
•金子民雄(1994)『宮沢賢治と西域幻想』(中央公論社)
•岡屋昭雄(1995)『宮澤賢治論―賢治作品をどう読むのか―』(桜楓社)
•佐藤隆房(1996)『宮沢賢治―素顔のわが友―』(冨山房)
•押野武志(2000)『宮沢賢治の美学』(翰林書房)
•押野武志(2003)『童貞としての宮沢賢治』(筑摩書房)
•天沢退二郎(2009)『《宮沢賢治》のさらなる彼方を求めて』(筑摩書房)
•吉本隆明(2012)『宮沢賢治の世界』(筑摩書房)
•原子朗(2013)『定本 宮澤賢治語彙辞典』(筑摩書房)


2.参考論文
•門倉昭治(1954)「宮沢賢治作『オッペルと象』の讀み方」(『日本文學』第 3巻第12号 日本文学協会、pp.34-39)
•夏目武子(1955)「サークルで『オッペルと象』を読んで」(『日本文學』第 4巻第3号 日本文学協会、pp.174-175)
•池上雄三(1982)『オツベルと象―白象のさびしさ」(『国文学解釈と教材の研究』 第27巻第3号 學燈社、pp.86-91)
•押野武志(1994)「死をめぐる言説 ― 『フランドン農学校の豚』を読む」(『日本文学』第43巻第12号 日本文学協会、pp.30-34)
•牛山恵(1995)「宮沢賢治の童話に見られる批評性 ― 『猫の事務所』の読みを通して」(『日本文学』第44巻第8号  日本文学協会、pp.53-62)
•工藤哲夫(1996)「『黄いろのトマト』<二人だけ>の世界」 (『国文学解釈と鑑賞』第61巻第11号 至文堂、pp.79-83)
•島村輝(1996)「『土神ときつね』」 (『国文学解釈と鑑賞 』 第61巻第11号 至文堂、pp.88-91)
•西田良子(2000)「『黄いろのトマト』」(『国文学解釈と鑑賞』第65巻第2号 至文堂、pp.66-71)
•高橋直美(2000)「『オツベルと象』『セロひきのゴーシュ』異読―『白象のさびしいわらい』と『ゴーシュのつぶやき』」(『国際地域学研究』第3号 東洋大学国際地域学部、pp.19-26)
•黄 英(2001)「童話『黄いろのトマト』―サーカスを手掛かりに 」(『国文学解釈と鑑賞』第 66巻第8号 至文堂、pp.111-115)
•岡澤敏男(2003)「『フランドン農学校の豚』のリアリティ」 (『国文学解釈と鑑賞』第68巻第9号 至文堂、pp.155-160)
•工藤哲夫(2003)「『オツベルと象』の象、又は白象」(女子大国文第134号 京都女子大学国文学会 pp.44-60)
•島村輝(2006)「『黄いろのトマト』―『かあいさう』のスタンス」(『国文学解釈と鑑賞』第71巻第9号 至文堂、pp.88-91)
•遠藤祐(2007)「〈かま猫〉と『猫の事務所』のなりゆき……ある語り手のもの語る……」(『学苑』第804号 昭和女子大学光葉会、pp.29-44)
•米村みゆき(2009)「"不正直"な狐、"退職教授"としての土神--『土神ときつね』 」(『国文学解釈と鑑賞』第74巻第6号 至文堂、pp.135-139)
•小林俊子(2009)「『オツベルと象』―発表された物語」(『国文学解釈と鑑賞 』第74巻第6号 至文堂、pp.197-201)
•中村龍一(2011)「物語と語り手の相克―〈金色の獅子〉はなぜ語られたか」(『国文学 解釈と鑑賞 』第76巻第7号 至文堂、pp.154-162)
•秦野一宏(2011)「宮沢賢治と『苦の世界』―『フランドン農学校の豚』をめぐって」(『海保大研究報告』第56巻 第2号 海上保安大学校、pp.23-52)
•牛山恵(2012)「『土神ときつね』を読む」(『日本文学 』第61巻第2号 日本文学協会、pp.86-90)
•秦野一宏 (2013)「宮沢賢治と無意識 ―『土神ときつね』をめぐって 」(『海保大研究報告』第58巻第2号 海上保安大学校 、pp.1-30)
•村山龍(2013)「〈関係〉が紡ぐテクスト―宮澤賢治『土神ときつね』論―」(『三田国文』第五十八号 慶應義塾大学国文学研究室、pp.49-64)

QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top