(3.238.206.122) 您好!臺灣時間:2021/04/21 09:43
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:前原早紀
研究生(外文):Saki Maehara
論文名稱:日本與台灣行動支付市場的發展之比較 -以行動者之間的社會網路分析為觀點-
論文名稱(外文):Comparison Between Japan and Taiwan Development of Mobile Payment Market —From the Social Network Analysis Between Actors
指導教授:李世暉李世暉引用關係
指導教授(外文):Li, Shih-Hui
口試委員:劉慶瑞林冠汝
口試委員(外文):Liu, Ching-JuiLin, Kuan-Ju
口試日期:2019-01-22
學位類別:碩士
校院名稱:國立政治大學
系所名稱:日本研究學位學程
學門:社會及行為科學學門
學類:區域研究學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2019
畢業學年度:107
語文別:日文
論文頁數:150
中文關鍵詞:行動支付社會網路分析銀行IT公司
外文關鍵詞:Mobile paymentSocial network analysisBankIT company
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:339
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
 近年來,在許多國家及地區以非現金支付方法之一的手機付款越來越普及,而在日本及台灣手機支付可以透過各項服務進行,並以利用NFC和QR CODE為主要付款方式,日本和台灣都是傾向於現金支付作為交易,即便行動支付逐漸普及,但現金交易仍是主要支付方式,和日本相比,台灣使用過行動支付人口的比例逐年增加,而日本則無明顯變化,和中國等…行動支付已普及的國家相比,在台灣使用行動支付的比例仍是偏低,但和同樣背景的日本相比,差異已是越來越大。

 那為何在喜歡現金支付的日本及台灣,行動支付的發展速度會逐漸拉開,本研究對此議題以專注在行動支付市場的行動者,並使用網路分析進行探討,除了篩選出在市場的主要行動者以外,也統計出和行動者之間的關係,以此掌握市場構造分析台日差異。此研究目的除了證明日本和台灣行動支付市場差別以外,也探討為了普及行動支付,顯示出行動者角色的重要性。
 In recent years, a payment method using mobile terminals has been spread as one of cashless methods in many countries and regions. Mobile payment systems are also used in Japan and Taiwan, and various services are currently being provided, mainly they are methods using NFC technology and QR codes. However, there is a common background in Japan and Taiwan where people prefer cash settlement, so it is still difficult to say that they are cashless societies, and cash is still supported as a payment tool. But, despite this background, the mobile payment system has been gradually spread in Taiwan, and the proportion of people in Taiwan who have used it is on a trend of increasing year-by-year compared to the one in Japan. Compared with mobile payment advanced countries such as China, etc., the rate of settlement using mobile terminals in Taiwan is considered to be low, but as compared with Japan with the same background of the settlement circumstances, the difference in them is obvious.

 Then, why was a difference in the development speed of mobile payment generated between Japan and Taiwan where people prefer cash settlement? In this research, we focused on actors in the mobile payment market as to this question and decided to consider it through analyzes using network analysis. Not only by extracting core actors in the markets, but also by analyzing the relationship between actors and grasping the structure of the markets, we will analyze what kind of difference is generated in the market between Japan and Taiwan. The purpose of this research is not only to clarify difference in mobile payment markets between Japan and Taiwan, but also to find a clue to consider how important the actor's role is in spreading mobile payment.
第1章 序論 P1
 第1節 研究背景と動機 P1
 第2節 研究目的と方法 P4
 第3節 研究過程 P9
第2章 研究理論と先行研究 P11
 第1節 決済 P11
 第2節 モバイル決済 P19
 第3節 社会ネットワーク分析理論 P24
 第4節 文献レビュー P31
第3章 日台モバイル決済市場の発展と現況 P35
 第1節 日本のモバイル決済市場 P35
 第2節 台湾のモバイル決済市場 P55
第4章 資料分析結果 P69
 第1節 分析概要 P69
 第3節 台湾のモバイル決済市場分析 P97
第5章 結論 P129
 第1節 研究結果 P129
 第2節 研究の制限 P135
参考文献 P139
<中文>
吳中志(2014)「兩岸行動支付市場發展現況與合作契機」,『經濟前瞻』151,pp.101-108,中華經濟研究院.
蔡福隆(2017)「電子支付帶動臺灣金融科技發展」,『國土及公共治理季刊』,5(4),pp.92-97,國家發展委員會.
中央銀行(2009)「中華民國支付及清算系統」,中央銀行編.
金融監督管理委員會(2016)「金融科技發展策略白皮書」.
郭彥宏(2016)「影響消費者對行動支付使用意願之研究」,中國文化大學企業實務管理數位碩士在職專班碩士論文.
黃業鈞(2018)「消費者選擇行動支付平台因素之探討」,東吳大學國際經營與貿易學系碩士論文.
謝丹(2018)「探討兩岸消費者使用行動支付的影響因素」,東吳大學國際經營與貿易學系碩士論文.
續嘉揚(2016)「行動支付之策略行銷分析:以微信支付、LINE Pay為例」,國立政治大學企業管理研究所碩士論文.
<日文>
竹内一正(2006)「電子マネー・ビジネスのしくみ -Suica Edy ICOCA-」,東京,ぱる出版.
中島真志・宿輪純一(2002)「証券決済システムのすべて」,東京,東洋経済新報社.
野村総合研究所先端ITイノベーション部(2014)「ITロードマップ 2014年版―情報通信技術は5年後こう変わる!」,東京,東洋経済新報社.
箕輪重則(1994)「日本の決済システム」,東京,経済法令研究会.
加藤晋一(2014)「おサイフケータイの現状と展望 (特集 NFC最前線)」『月間自動認識』27(3),pp.1-6,日本工業出版.
原如宏(2017)「特集2 スマホの電子マネー大研究」『日経パソコン 2017年6月26日号』772,pp.38-47,日経パソコン.
藤吉栄二(2016)「モバイルペイメントの実現方式をめぐる動向」『金融ITフォーカス』2016/8,pp.16-17,野村総合研究所.
和田恭(2012)「米国モバイルペイメント市場の行方」『ニューヨークだより』2012/11,pp.1-41,情報処理推進機構.
MUFG Bank China(2017)「中国のモバイル決済市場が急成長 〜インターネット大手と銀聯の争い」『経済週報』338,pp.2~8,三菱UFJ銀行(中国).
飯田恭弘・岸本康成・藤原靖宏・塩川浩昭・鬼塚真(2014)「大規模グラフ構造データからのコミュニティ抽出と重要度計算 : 高速化への取組みと応用」『人工知能』29(5),pp.472-479,人工知能学会.
和泉利隆(2014)「ネットワーク分析:マーケティングリサーチへの応用可能性」『行動計量学』41(2),pp.103-112,行動計量学会.
久保田隆(2002)「資金決済システムの法的課題」,大阪大学大学院国際公共政策研究科博士論文.
末永俊一郎(2003)「RFIDの実用化をめぐる二つの流れ」『Unisys Technology Review』78,pp.229-237,日本ユニシス.
杉浦宣彦(2004)「決済システムの電子化と決済法理の変容:決済システムの電子化に伴う変容と決済法理への影響に関するー試論」『FSAリサーチ・レビュー』1,pp4-22,金融庁.
杉山浩平・本田治・大崎博之・今瀬真(2006)「ネットワーク分析手法による日本企業間の取引関係ネットワークの構造分析」『社会情報学研究』11(2),pp.45-56,日本社会情報学会.
髙尾みどり(2009)「日本における電子マネーの普及要因の分析」,東京大学工学系研究科博士論文.
武田至弘(2012)「ネットワーク分析による関西地域を中心とした電池産業の構造の考察」『産業学会研究年報』27,pp.125-138,日本産業学会.
趙章恩(2008)「日韓モバイルペイメント普及過程の分析」,『日本社会情報学会 第23回全国大会』,pp.192-197,日本社会情報学会.
辻竜平(2001)「社会的ネットワーク分析:その理論と分析の基盤」『認知科学』8(4),pp.454-465,日本認知学会.
戸田澪・遠藤正之(2017)「決済サービスにみる中国と日本の現状の考察」『2017年春季全国研究発表大会』,pp.1-9,経営情報学会.
中田真佐男(2012)「消費者による小額決済手段選択の現状: アンケート調査を用いた分析」『成城大学経済研究所研究報告』59,成城大学.
中田真佐男(2015)「消費者の決済手段選択行動—個票調査による実証分析」吉田直行・亀田啓悟・中東雅樹・中田真佐男編著,『日本経済の課題と釧路経済政策の理論・実証分析』,第14章,pp.271-292,慶應義塾大学出版界.
中田真佐男(2018)「我が国における非現金リテール決済手段の浸透に向けた課題 」『個人金融』12(4),pp.67-92,郵便貯金振興会.
西岡茂樹(2012)「非接触型ICカード『FeliCa』の現状とプロジェクト演習の結果」『情報学フォーラム』8,pp.53-66,奈良産業大学情報学部.
藤本哲(2010)「組織構造における集権化概念と社会ネットワーク分析における中心性概念との接点を探る試み」『高崎経済大学論集』52(4),pp1-12,高崎経済大学.
牧野真也(2011)「Excelによる社会ネットワーク分析(1)ネットワークの基本特徴量」『Working paper series』11(3),pp.1-30, Faculty of Economics Wakayama University.
松村嘉之・高寺政行・大谷毅・保田俊行・大倉和博(2013)「アパレル業界におけるネットワーク分析の特徴量について」『2013年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集』,pp.763-764,精密工学会.
安田雪(1994)「社会ネットワーク分析:その理論的背景と尺度」『行動計量学』21(2),pp.32-39,行動計量学会.
山口洋(2003)「社会ネットワーク分析におけるデータ収集法の比較検討 : 個人間のネットワークデータを中心に」『社会学部論集』36,pp.105-119,佛教大学.
劉柏立(2014)「台湾におけるNFCモバイルペイメントに関する研究」『中央学院大学社会システム研究所紀要』14(2),pp.43-60,中央学院大学社会システム研究所.
クロス・マーケティング(2018)「日本と海外における決済に関する調査〜各国のキャッシュレス化の状況〜」
日本クレジット協会(2017)「日本のクレジット統計」2017年度版.
<英文>
Bagnall, J., Bounie, D.,Kim P, H., Kosse, A., Schmidt, T., Schuh, S., & Stix, H. (2016).
Consumer Cash Usage : A Cross-Country Comparison with Payment Diary Survey
Data. European Central Bank Working Paper Series,1685.
Trivedi, D. (2015). Near field communication. Department of Computer Science and
Engineering Institute of Technology, thesis for master degree.
Dahlberg, T., Mallat, N., Ondrus, J., & Zmijewska, A. (2008). Mobile Payment Market
and Research - Past, Present and Future. All Sprouts Content,166.
Zmijewska, A. & Lawrence, E. (2005). Reshaping the Framework for Analysing Success
of Mobile Payment Solutions. IADIS International Conference on E-Commerce,
Porto, Portugal.
Zmijewska, A., & Lawrence, E., (2006). Implementation Models in Mobile Payments.
The IASTED International Conference on Advances in Computer Science and
Technology (ACST), Puerto Vallarta, Mexico.
Board of Covernors of the Federal Reserve System(2016). Consumers and Mobile
Financial Services 2016.
European Central Bank (2010). The Payment System.
UBS(2018). The road to cashless societies.

<參考報紙>
經濟日報
日本経済新聞
読売新聞
毎日新聞

<網路資料>
中華民國中央銀行全球資訊網, 雙語詞彙「清算」,https://www.cbc.gov.tw/ct.
asp?xItem=33559&ctNode=317&mp=1 ,取自:2018/09/11.
資策會產業情報研究所(MIC) (2017)「【行動支付消費者調查】國人認知度已突破
八成 NFC 功能漸普及」2017 年 2 月 9 日発表, URL: https://mic.iii.org.t
w/IndustryObservations_PressRelease02.aspx?sqno=456 ,取自:
2018 年 12 月 12 日.
資策會產業情報研究所(MIC) (2018a)「【行動支付大調查一】近四成手機用戶曾
使用行動支付 LINE Pay、Apple Pay 認知度最高」,2018 年 1 月 31 日発表,
URL: https://mic.iii.org.tw/IndustryObservations_PressRelease02.as
px?sqno=486 ,取自:2018 年 12 月 12 日.
資策會產業情報研究所(2018b)「【行動支付大調查二】用戶最常用 Line Pay Ap
ple Pay 街口支付 2020 年第一波收斂」,2018 年 1 月 31 日発表, URL:http
s://mic.iii.org.tw/IndustryObservations_PressRelease02.aspx?sqno=4
87 ,取自:2019 年 1 月 2 日.
神戸雅一・山本修一郎(2008)「企業内 SNS への社会ネットワーク分析手法の適
用」(第三回人工知能学会知識流通ネットワーク研究会発表資料), http:/
/sigksn.html.xdomain.jp/conf03/SIG-KSN-003-05.pdf 取自:20
18/09/11.
野村総合研究所(2018a)「キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識」,
(平成 29 年度産業経済研究委託事業 我が国における FinTech 普及に向け
た環境整備に 関す る調査検討経 過報 告) , 経済産 業省 HP より.
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoryu/credit_carddata/p
df/009_03_00.pdf 取自:2018/09/11.
経済産業省(2018)「キャッシュレス・ビジョン」, http://www.meti.go.jp/pr
ess/2018/04/20180411001/20180411001-1.pdf 取自:2018/09/1
1.
千葉銀行(2017)「急成長するモバイル決済市場」『中国レポート』2017 年 7 月
号,千葉銀行上海駐在員事務所,http://www.chibabank.co.jp/hojin/other
_service/market/pdf/china_1707.pdf 取自:2018/09/11.
日本銀行(2017a)「 BIS 決済統計からみた日本のリテール・大口資金決済システ
ムの特徴」『決済システムレポート別冊シリーズ』2017/2, https://www.bo
j.or.jp/research/brp/psr/psrb170221.pdf 取自:2018/09/11.
日本銀行(2017b)「モバイル決済の現状と課題」『決済システムレポート別冊シ
リーズ』2017/6, https://www.boj.or.jp/research/brp/psr/data/psrb170
620a.pdf 取自:2018/09/11.
日本銀行「決済・市場 第 2 章決済の道具 1. おかねとは何だろうか」日本銀
行 HP より, https://www.boj.or.jp/paym/outline/kg21.htm/ 取自:2018/09/11.
野村総合研究所(2014)「モバイル決済における IT 活用動向〜決済サービスに
おける IT 活用の変遷と展望〜」(IT ロードマップセミナーSPRING2014 資
料),https://www.nri.com/jp/event/mediaforum/2014/pdf/forum211_2.pd
f 取自:2018/09/11.
Oxford Dictionaries Language matters. “payment.” in, https://en.oxforddictionaries.
com/definition/payment . Last update 11 September 2018.
Oxford Dictionaries Language matters. “settlement” in, https://en.oxforddictionaries.
com/definition/settlement . Last update 11 September 2018.
連結至畢業學校之論文網頁點我開啟連結
註: 此連結為研究生畢業學校所提供,不一定有電子全文可供下載,若連結有誤,請點選上方之〝勘誤回報〞功能,我們會盡快修正,謝謝!
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔