(3.215.180.226) 您好!臺灣時間:2021/03/06 16:36
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:李曉昀
研究生(外文):Hsiao-Yun Lee
論文名稱:芥川文学研究―変わりつつある時代の女性の生き方―
論文名稱(外文):The Research of Ryunosuke Akutagawa’s works:Female Lifestyles in Different Times
指導教授:范淑文范淑文引用關係
口試委員:黃翠娥坂元小織
口試日期:2019-06-20
學位類別:碩士
校院名稱:國立臺灣大學
系所名稱:日本語文學研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2019
畢業學年度:107
論文頁數:103
中文關鍵詞:芥川龍之介時代背景女性生活方式男性主義社會女性意識
DOI:10.6342/NTU201902798
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:37
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本論文以芥川龍之介《開化的良人》、《奇怪的再會》、《秋天》及《湖南之扇》此四部作品為探討對象,並以作品中的時代背景為依據,分別探討各作品中動盪的時代下女性角色的生活方式。
本論文具體的研究過程如下:首先,第一章著眼於以明治初期的日本為舞台的《開化的良人》中與受西洋文化影響深遠的丈夫三浦結婚的女性勝美;次者,第二章以《奇怪的再會》為文本並探討作品中於甲午戰爭後被帶至日本的中國人女性阿蓮的心境變化及其生存方式;再者,第三章考察以大正時代為背景的《秋天》中受過教育的女性信子在當時代的生活樣貌;最後,第四章則聚焦於以20世紀初期中國的湖南所發生的事件為舞台的《湖南之扇》中的女性含芳在如此動盪不安的情勢下如何生存。
基於上述考察,可以得知芥川筆下的女性可區分為具備高度的女性意識、有自我主張的女性及依然無法擺脫男性主義社會的枷鎖,處於被支配地位的女性。綜觀不同時代下女性生活方式的相異點,進而掌握芥川龍之介對於19世紀至20世紀社會情勢上的認識。
This thesis focuses on Ryunosuke Akutagawa’s(1892-1927) works from the perspective of the femininity. The selected works in this thesis: “Kaikanoryoujinn,” “Kikainasaikai,” “Aki,” “Konannoougi” have common in describing women in fluctuate generations. Consequently, I would like to base on this aspect to explore females’ lifestyle in different time backgrounds.
In chapter 1, I will put the attention to a woman called Katsumi whose husband Miura deeply influenced by Western culture in Meiji era in the story of “Kaikanoryoujinn.”
In chapter 2, I aim to explore a China woman Oasu, who was carried to Japan after First Sino-Japanese War, her mind changing and life way in the story of “Kikainasaikai.”
In chapter 3, I will discuss “Aki”, a story which illustrated an educated woman Nobuko’s lifestyle in Taishō era.
In chapter 4, I will centralize the discussion to a womanGannhou who lived in Konan in begin 20th century in “Konannoougi.”
According to above research, we could divide three characters under Akutagawa’s writing, which are: Women with strong feminism, women with their objects, and women who are controlled by Male chauvinism.
By viewing different females’ lifestyle in different times, we could counter recognize Ryunosuke Akutagawa’s prospective to 19th to 20th century.
致謝 I
摘要 II
Abstract III
要旨 IV
序 章 1
1.研究動機 1
2.先行研究 3
2.1「開化の良人」に関する先行研究 3
2.2「奇怪な再会」に関する先行研究 4
2.3「秋」に関する先行研究 6
2.4「湖南の扇」に関する先行研究 9
3.研究方法 11
4.論文構成 12
第1章 「開化の良人」における女性の生き方 18
1.はじめに 18
2.男に見られる勝美 20
2.1夫である三浦の眼差し 20
2.2観察者である本多がみる勝美 25
3.勝美に纏っている「薔薇」 31
4.結び 34
第2章 「奇怪な再会」における女性の生き方 35
1.はじめに 35
2.日本での新生活 36
3.過去への執念 40
3.1忘れられない男 40
3.2小犬の役割 44
4.「金」の行方不明の真相からお蓮の狂気へ 46
5.結び 50
第3章 「秋」における女性の生き方 51
1.はじめに 51
2.結婚の道に踏み切った信子 52
2.1結婚する前の信子 53
2.2結婚に踏み切った信子 55
3.喧嘩と仲直りの繰り返しの夫婦生活 61
4.妹夫婦の結婚が信子に与えた影響 66
4.1照子と俊吉の結婚生活を眺める信子 66
4.2照子の嫉妬から自己認識する信子 71
5.結び 74
第4章 「湖南の扇」における女性の生き方 76
1.はじめに 76
2.「僕」の目に映っている含芳 77
3.妓女の役割 80
4.妓館で見えた様々な人間関係 84
4.1譚永年の強引な行為から 84
4.2林大嬌との対立関係 89
5.「僕」へのメッセージ 90
6.結び 92
終章 94
参考文献 100
テクスト(年代順)
1.芥川龍之介(1996)「秋」『芥川龍之介全集』第6巻 岩波書店
2.芥川龍之介(1996)「奇怪な再会」『芥川龍之介全集』第7巻 岩波書店
3.芥川龍之介(1996)「湖南の扇」『芥川龍之介全集』第13巻 岩波書店
4.芥川龍之介(2007)「開化の良人」『芥川龍之介全集』第4巻 岩波書店
参考文献(年代順)
1.菊地 弘(1971)「芥川龍之介『秋』私見」『日本文学』第20巻2月号 東京:日本文学協会
2.村松定孝・紅野敏郎・吉田凞生編(1975)『近代日本文学における中国像』有斐閣
3.海老井英次(1988)『芥川龍之介論攷―自己覚醒から解体へ』桜楓社
4.関口安義(1988)『芥川龍之介 実像と虚像』洋々社
5.一柳広孝(1990)「芥川龍之介における<夢>・覚夢―『奇怪な再会』まで―」『名古屋経済大学開学10周年記念論集』名古屋経済大学
6.菊地 弘(1990)「芥川龍之介における「近代」―『開化の殺人』『開化の良人』を読んで―」『国文学科報』第18号 跡見学園女子大学国文学科
7.松本常彦(1990)「開化の二人」『作品論 芥川龍之介』双文社
8.神田由美子(1990)「秋」『作品論 芥川龍之介』双文社
9.濱川勝彦(1992)「「秋」をよむ―才媛の自縄自縛の悲劇」『國文學:解釈と教材の研究』第37巻2月号 学燈社
10.川東竫弘(1992)『戦前日本の米価政策史研究』ミネルヴァ書房
11.三好行雄(1993)『三好行雄著作集第3巻芥川龍之介論』筑摩書房
12.蕭 国亮編(1996)『中国娼妓史』文津出版社
13.鈴木 晶(1997)『無意識の世界 フロイトとユング』(上)日本放送出版協会p.68
14.彭 春陽(1998)『芥川文学と中国』大新書局
15.溝部優実子(1998)「『湖南の扇』―含芳の「扇」を糸口として」『日本女子大学紀要』文学部第48号 日本女子大学
16.岡田 豊(2001)「芥川龍之介『奇怪な再会』への一視点―<物語>を物語る「私」の物語として―」『駒沢国文』第38号 駒澤大学文学部国文学研究室
17.日本国語大辞典第二版編集委員会編(2001)『日本国語大辞典』第二版第四巻小学館
18.日本国語大辞典第二版編集委員会(2001)『日本国語大辞典』第二版第九巻小学館
19.日本国語大辞典第二版編集委員会編(2002)『日本国語大辞典』第二版第十三巻小学館
20.単 援朝(2002)「芥川龍之介「湖南の扇」の虚と実 魯迅「薬」をも視野に入れて」『日本研究:国際日本文化研究センター紀要』第24号 国際日本研究センター
21.阿部恒久・佐藤能丸(2002)『通史と史料日本近現代女性史』芙蓉書房
22.時田昌瑞(2002)『岩波ことわざ辞典』岩波書店
23.邵  雍(2005)『中国近代妓女史』上海人民出版社
24.孔  月(2006)「芥川龍之介「奇怪な再会」:隠喩としての狂気」『日本語と日本文学』第42号 筑波大学国語国文学研究会
25.戴  煥(2007)「芥川龍之介『奇怪な再会』―日清戦争を背景にした中日の表像」『Comparatio』九州大学
26.酒井英行(2007)『芥川龍之介 作品の迷路』沖積舎
27.赤塚正幸注(2007)『芥川龍之介全集』第6巻 岩波書店
28.芥川龍之介(2007)「雑信一束」『芥川龍之介全集』第12巻 岩波書店
29.管 美燕(2008)「芥川龍之介における日清戦争―「奇怪な再会」を中心に 」『第三回国際芥川龍之介学会論文集』
30.姚  紅(2008)「「奇怪な再会」論:帝国男性のまなざしをめぐって」『日本語と日本文学』第42号 筑波大学国語国文学研究会
31.姚  紅(2009)「「湖南の扇」論―情熱的な中国女性」『文学研究論集』第51号筑波大学比較・理論文学会
32.黒岩比佐子(2009)『明治のお嬢さま』角川学芸出版
33.吉澤誠一郎(2010)『清朝と近代世界19世紀』岩波書店
34.邱 雅芬(2010)『芥川龍之介の中国―神話と現実―』花書院
35.高 旭東編(2011)『比較文学実用教程』北京大学出版社
36.関口安義(2012)『芥川龍之介新論』翰林書房
37.孔  月(2012)『芥川龍之介中国題材作品と病』日本図書センター
38.足立直子(2013)『芥川龍之介 異文化との遭遇』双文社
39.陳  玲(2013)「狂気に陥る女―「奇怪な再会」論―」『多元文化』第13号 名古屋大学国際言語文化研究科多元文化専攻
40.陳 諭霖(2013)『芥川龍之介と「怪奇」―中国体験と他者の記述』致良出版社
41.原  朗(2014)『日清・日露戦争をどう見るか近代日本と朝鮮半島・中国』NHK出版
42.王 書瑋(2017)「「湖南の扇」論―黄六一を糸口として」『千葉大学人文社会科学研究』第34号 千葉大学大学院人文社会科学研究科
データベース
1.「御用商人」Japanknowledge『日本国語大辞典』2019/03/23閲覧https://japanknowledge.com/lib/display/?lid=200201a4cf4bfZX7QtoT
2.「良妻賢母主義」Japanknowledge『日本大百科全書』2019/03/24、2019/04/24閲覧https://japanknowledge.com/lib/display/?lid=1001000326534
3.「男女平等」Japanknowledge『日本大百科全書』2019/03/26閲覧https://japanknowledge.com/lib/display/?lid=1001000150246
4.「デリラ」Japanknowledge『日本大百科全書』2019/03/26閲覧https://japanknowledge.com/lib/display/?lid=1001000161272
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關論文
 
無相關期刊
 
無相關點閱論文
 
系統版面圖檔 系統版面圖檔