(3.220.231.235) 您好!臺灣時間:2021/03/07 10:47
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果

詳目顯示:::

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:陳力維
研究生(外文):Li-Wei Chen
論文名稱:泉鏡花文学における「共生」のあり方―「高野聖」、「夜叉ヶ池」、「天守物語」を中心にして―
論文名稱(外文):The Symbiosis Image in Izumi Kyoka''s Literature Focus on Kōya Hijiri, Yasyagaike, and Tensyumonogatari
指導教授:范淑文范淑文引用關係
口試委員:曾秋桂賴雲莊
口試日期:2019-06-28
學位類別:碩士
校院名稱:國立臺灣大學
系所名稱:日本語文學研究所
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2019
畢業學年度:107
論文頁數:75
中文關鍵詞:泉鏡花人類與異類龍神妖怪自然共生
DOI:10.6342/NTU201900984
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:68
  • 評分評分:系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔系統版面圖檔
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
泉鏡花(1873-1939),明治至大正時期的小說家。師事於尾崎紅葉,作品多半富含神秘的浪漫色彩,其女性形象受研究者所矚目。二十世紀初期,自然主義盛行,鏡花雖然在文學的領域上遭到挫折,但其風格還是對後來的作家造成諸多影響。
本論文將探討泉鏡花文學中之「共生」形象,以其小說「高野聖」及兩部戲曲「夜叉之池」、「天守物語」共三部作品為中心進行分析與考察。首先在序論中說明本論文的研究動機,接著進行三部作品的先行研究及結合目前為止的論點中所提及之作品中人界與異界的接觸和結合進而找出新論點「共生」的可能性。
第一章至第三章中,將對泉鏡花的作品:「高野聖」、「夜叉之池」、「天守物語」當中的「共生」進行考察。第一章探討「高野聖」中「自然」及「超自然」的定義,並從作品的文學構造中找出關於「共生」的線索。從文本內容中可以看出人類與自然之間的矛盾和衝突。第二章探討「夜叉之池」作品中人類與異類之間的關係,以人類和龍神之間的誓言為首,故事最終龍神對失去對大自然的信仰的村民們所降下的懲罰。藉由人類與龍神之間的衝突進一步探討「夜叉之池」中人類與龍神之間的「共生」。第三章則以「天守物語」中人類與妖怪之間的愛情作為問題意識。透過作品中登場人物及場面之分析和作品的故事性,至最後白鷺城天守閣上的妖怪公主富姬和男主角圖書之助之間愛情的始末中所能窺視到的異種族間的「共生」進行考察。從故事中妖怪與人類的衝突至最後的結合驗證出作品中「共生」的可能性。
結論部分將綜合上述各章節之作品考察對泉鏡花文學中的「共生」進行總結。藉由本次研究找尋出泉鏡花文學研究中的新論點-「共生」。
Izumi Kyoka(1873-1939), a novelist from the Meiji period to the Taisho period. Most of his works are rich in mysterious romantic colors, and his female image is noticed by researchers. In the early 20th century, naturalism prevailed. But his style still had many influences on later writers.
This thesis will explore the "symbiosis image" in Izumi Kyoka’s literature, and analyze and investigate the three works of his novel "Kōya Hijiri" and two dramas "Yasyagaike" and "Tensyumonogatari". First, explain the research motive of this thesis in the preface, and then carry out the prior research of the three works and combine the contact and combination of the human and the outer world in the works mentioned in the contention so far to find out the new contention of "symbiosis".
In the first chapter to the third chapter, will examine the work of Izumi Kyoka: "The symbiosis" in "Kōya Hijiri", "Yasyagaike" and "Tensyumonogatari". The first chapter explores the definitions of "natural" and "supernatural" in "Kōya Hijiri" and finds clues about "symbiosis" from the literary structure of the work. From the text content, we can see the contradiction and conflict between human and nature. The second chapter explores the relationship between human and aliens in the works of "Yasyagaike", headed by the oath between humans and dragon god, and the story of the final dragon god''s punishment for the villagers who lost faith in nature. Through the conflict between human beings and the dragon god, and will explore the "symbiosis" between human beings and the dragon god in the "Yasyagaike". The third chapter is about the love between human and ayakashi in "Tensyumonogatari". Through the analysis of the characters and scenes in the works and the storytelling of the works, the inter-ethnic "symbiosis" that can be seen in the end of love between the ayakashi Princess Tomihime and Zushonosuke in the Castle Shirasagi Inspection. From the conflict between the ayakashi and the human being in the story to the final combination, the possibility of "symbiosis" in the work is verified.
The conclusion part will summarize the works of the above chapters to summarize the "symbiosis" in Izumi Kyoka’s literature. Through this research, can have found a new contention in the research of Izumi Kyoka literature-"symbiosis".
謝辭 I
摘要 II
ABSTRACT III
要旨 V
序論 1
⒈ 研究動機 1
⒉ 先行研究 6
⒉⒈「高野聖」について 7
⒉⒉「夜叉ヶ池」について 10
⒉⒊「天守物語」について 13
⒊ 研究方法 15
⒋ 論文構成 17
第一章「高野聖」における「共生」のあり方 22
⒈ はじめに 22
⒉「高野聖」における「自然」とは 23
⒊「高野聖」の構造から見える示唆 28
⒋「高野聖」における「共生」のあり方 31
⒌ おわりに 37
第二章「夜叉ヶ池」における「共生」―人間と竜神 38
⒈ はじめに 38
⒉ 人間と竜神 39
⒊「夜叉ヶ池」に見出す「共生」のあり方 44
⒊⒈「夜叉ヶ池」における「水」の役割 48
⒊⒉「夜叉ヶ池」に語られている「死」 51
⒋ おわりに 53
第三章「天守物語」における「共生」―人間と妖怪の愛情を中心にして― 54
⒈ はじめに 54
⒉「天守物語」の登場人物及び場面について 55
⒉⒈ 富姫の登場 56
⒉⒉ 図書之助と富姫の初対面 58
⒉⒊ 獅子頭の母衣 60
⒊「天守物語」の物語性―富姫と図書之助との「共生」 63
⒋ おわりに 66
結論 泉鏡花文学における「共生」のあり方とは 68
参考文献 72
⒈テキスト
⒉泉鏡花(1974)『鏡花全集第五巻』岩波書店
⒊泉鏡花(1975)『鏡花全集第十九巻』岩波書店
⒋泉鏡花(1975)『鏡花全集第二十五巻』岩波書店
⒌泉鏡花(1976)『鏡花全集第二十八巻』岩波書店
⒍泉鏡花(1995)『泉鏡花集成7』筑摩書房
⒎参考文献(年代順)
⒏松原純一(1963)「鏡花文学と民間伝承と―近代文学の民俗学的研
究への一つの試み」『相模女子大学紀要』相模女子大学学術研究会
⒐沢野邦子(1964)「泉鏡花の芸術」『日本文学12』日本文学協会
⒑菅原孝雄(1972)「魔術の場の森へ」『泉鏡花:妖美と幻想の魔術
師』新潮社
⒒前田愛(1972)「泉鏡花『高野聖』―旅人のものがたり」『国文
学』学灯社
⒓柏木隆雄(1973)「二人の怪異作家:泉鏡花に見るプロスペル・メ
リメ」『大阪大学ガリア12』大阪大学文学部フランス文学研究室
⒔東郷克美(1975)「高野聖の水中夢」『国文学ノート』(13) 成城
大学短期大学部国文研究室
⒕笠原伸夫(1976)『泉鏡花―美とエロスの構造』至文堂
⒖小林輝冶(1978)「「夜叉ヶ池」考」『北陸大学紀要』第2号
⒗中村善也(1979)「「悲劇の終わり」の「神」-エウリピデスのデ
ウス・エクス・マキナについて—」『ギリシアローマの神と人間』
東海大学出版会
⒘村松定孝(1979)「ハウプトマン“Die Versunkene Glocke”と鏡
花訳『沈鐘』」文泉堂
⒙宮田登(1979)『神の民俗誌』岩波書店
⒚藤本徳明(1980)「母胎のロマン―鏡花文学における聖界」   
有精堂
⒛村松定孝(1982)「鏡花文学批評史考」『泉鏡花事典』有精堂
21.柳田國男(1982)『定本 柳田國男全集第五巻』筑摩書房
22.篠田知和基(1983)「鏡花の作品における自己像幻視と分身像―比
較文学的アプローチ」『名古屋大学文学部研究論集(85)』名古屋
大学文学部
23.郡司正勝(1985)「鏡花の劇空間」『国文学』
24.種田和加子(1985)「天守物語―幻想の渇き」『泉鏡花・魔界の精
神史』学灯社
25.大野隆之(1987)「「高野聖」論―構造と<侵害>」『語文論叢
15』 千葉大学人文学部国語国文学会
26.笠原伸夫(1987)「『高野聖』の神話的構想力」『エロスの繭』
国文社
27.松村友視(1990)「明治二十年代末の鏡花文学-作者主体確立を
めぐる素描-」『国語と国文学』東京大学国語国文学会
28.石内徹(1991)「泉鏡花『高野聖』論―その様式と素材―」日本圖
書センター
29.笠原伸夫(1991)『評釈「天守物語」妖怪のコスモロジ』国文社
30.柳田国男(1991)『遠野物語』集英社文庫
31.脇明子(1992)「無意識の水」、『増補幻想の倫理』沖積社
32.大久保喬樹(1994)「山の出現と変容:明治二十、三十年代日本文
学の自然像(下)」『日本文学81』東京女子大学日本文学研究会
33.東郷克美(1994)「泉鏡花・差別と禁忌の空間」『異界の方へ/鏡
花の水脈』有精堂
34.Terry Castle(1995)『The Female Thermometer:
Eighteenth-Century Culture and the Invention of the
Uncanny.』(Ideologies of Desire) Oxford University
Press
35.種村季弘(1996)「水中花変幻-泉鏡花について-」『泉鏡花』
(三田英彬編)国書刊行会
36.松村定孝(1996)『定本 泉鏡花研究』有精堂
37.小林輝冶(1997)「鏡花文学における被差別部落の問題―「龍潭
譚」から「妖剣紀聞」へ―」(『北陸大学紀要第21号』
38.水落潔(1997)『講座日本の演劇5 近代の演劇1』勉誠社
39.藤澤秀幸(1999)「泉鏡花『高野聖』と世紀末」『清泉文苑』
40.佐伯順子(2000)「『夜叉ヶ池』―映画と漫画による展開―」『泉鏡花』筑摩書房
41.小鮒涼子(2002)「鏡花幻想劇の異界構造」『日本文学98・51-
62』東京女子大學日本文學研究会編
42.東郷克美・吉田昌志(2002)『新日本古典文学大系・明治編20
泉鏡花集』岩波書店
43.澁澤龍彦(2003)「『夜叉ケ池・天守物語』解説」『澁澤龍彦全
集』二二 河出書房新社
44.小松和彦(2004)『異界と日本人』角川書店
45.佐川誠義(2004)「鏡花と部落問題文学」(『法政大学大学院紀
要』第三十二号
46.田中貴子(2004)「鏡花作品における<ばけもの>-中世文学の
視点から」『文学』岩波書店
47.野口哲也(2010)『泉鏡花研究: 明治・大正期の幻想文学におけ
る想像力の構造と展開』東北大学大学院文学研究科
48.羅小如(2013)「泉鏡花「夜叉ヶ池」を読む―いえの表象を視座と
して―」『比較日本学教育研究センター研究年報』第10号
49.廣田龍平(2014)「超自然化する妖怪と近代」『現代民俗学研究
(6)』世間話研究会
50.松岡幹夫(2015)「宮沢賢治の共生倫理観における法華経信仰と真
宗信仰の相互浸透」『宮沢賢治と法華経: 日蓮と親鸞の狭間で』
昌平黌出版会
51.吳彔瑾(2016)『泉鏡花戲曲中之衝突與和解-以《夜叉之池》
《海神別莊》《天守物語》為中心』淡江大學日本語文學系碩士班碩
士論文
52.堀井一摩(2016)「国民の分身像:泉鏡花「高野聖」における不気
味なもの」『言語情報科学研究』
53.新聞・辞書・インターネット
54.『毎日新聞』1977年12月9日夕刊
55.『広辞苑』第五版(1998)新村出主編 岩波書店
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
系統版面圖檔 系統版面圖檔