跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.201.99.222) 您好!臺灣時間:2022/12/05 23:16
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

我願授權國圖
: 
twitterline
研究生:李姿蓉
研究生(外文):LI, TZU-JUNG
論文名稱:日中兩語植物語彙的多義構造之對照比較 ―以植物語彙「梅」、「蘭」、「竹」、「菊」為中心―
論文名稱(外文):Analytical Comparisons of polysemous structure on plant related terms in Japanese and Chinese―Focus on ‘‘Plum blossom’’, ‘’Orchid’’, ‘’Bamboo’’, and ‘‘Chrysanthemum’’ ―
指導教授:蔡豐琪蔡豐琪引用關係
指導教授(外文):TSAI,FONG-CHI
口試委員:賴錦雀林玉惠
口試委員(外文):LAI, JIIN-CHIUEHLIN, YU-HUI
口試日期:2020-06-03
學位類別:碩士
校院名稱:銘傳大學
系所名稱:應用日語學系碩士班
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2020
畢業學年度:108
語文別:日文
論文頁數:124
中文關鍵詞:複合語原型隱喻換喻語義擴張多義網絡圖
外文關鍵詞:compound wordsprototypemetaphormetonymysemantic extensionpolysemous network diagram複合語プロトタイプメタファーメトニミー意味拡張多義ネットワーク図
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:107
  • 評分評分:
  • 下載下載:0
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
台灣與日本同屬漢字文化圈國家,中文與日文依然大量使用漢字語彙,而中日兩語在使用字詞上有相似處,也有相異處。由於台日兩國雖然植物種類繁多,但是常見的「梅」、「蘭」、「竹」、「菊」皆是知名且與民眾生活常用息息相關的語彙。而分析植物語彙或許是很好的途徑,去了解我們是如何廣泛運用認知語言學概念在生活中。 
  本論文主要研究對象為,中文所謂「四君子」的「梅」、「蘭」、「竹」、「菊」的複合語。先透過中文辭典與日文辭典,找出基本義(原型),再利用語料庫及網路新聞資料庫收集相關語彙。進階運用隱喻、換喻、提喻分析各植物語彙與基本義之間的語義擴張類型。最後整理出多義網絡圖,進行中日兩語之比較,更能了解使用中日兩語對各植物語彙的語義認知,進而討論文化層面的影響。
  最後分析結果顯示中日兩語「梅」、「蘭」、「竹」、「菊」的語義擴張有因實際使用多寡而有所不同,且文化層面也有些微的影響,但實際的擴張類型大致相同。其中以「梅」的類型最為相似。「蘭」的類型最為不同。另外希望透過此研究能讓中日語學習者對植物語彙有進一步的了解。

Taiwan and Japan belong to the East Asian cultural sphere. At present, Chinese characters are widely used in Chinese and Japanese but there are similarities and differences between Chinese and Japanese in using words.There are many types of plants in Taiwan and Japan, and then “梅(plum blossom)”, “蘭(orchid)”, “竹(bamboo)” and “菊(chrysanthemum)” are well-known and closely related to people's daily life. Analyzing plant vocabulary may be a good way to understand how we widely use cognitive linguistic concepts in our lives.
The main objects of this study are the compound words of “梅(plum blossom)”, “蘭(orchid)”, “竹(bamboo)” and “菊(chrysanthemum)” and these four words are also called “four gentlemen” in Chinese.First of all, find the basic meaning (prototype) by searching the Chinese dictionary and Japanese dictionary, then use the corpus and online news database to collect related words.Next, use metaphors, metonymy, and synecdoche to analyze the types of semantic extension between plant vocabulary and basic meanings.
After that, organize a polysemous network diagram to compare Chinese to Japanese in order to understand the semantic cognition of each plant vocabulary in using Chinese and Japanese. Further, discussing an effect of the cultural level.
Finally, the analysis result demonstrate that the semantic extension of “梅(plum blossom)”, “蘭(orchid)”, “竹(bamboo)” and “菊(chrysanthemum)” in Chinese and Japanese varies depending on the frequency of actual usage and has a slight impact on cultural level. However, the actual type of extension is roughly the same. Among them, the type of “梅(plum blossom)” is most similar and the type of “蘭(orchid)” is the most different. In addition, I hope that Chinese and Japanese learners will have a better understanding of plant vocabulary through this study.
要旨(中国語) i
要旨(英語) ii
要旨(日本語) iv
誌謝 v
目次 vi
表目次 x
図目次 xi

第1章 序論 1
1.1研究動機及び目的 1
1.2研究範囲及び方法 2
1.3先行研究 7
1.3.1四君子「梅蘭竹菊」 7
1.3.2植物の命名 7
1.3.3植物のメタファー 9
1.3.4植物語彙の多義ネットワーク 10
1.3.5日中両語における語彙対照の研究 10
1.3.6「梅」、「蘭」、「竹」、「菊」のイメージ 11
1.3.7先行研究のまとめ 13
1.4本研究の構成 14

第2章 認知言語学における用語の説明 15
2.1プロトタイプ 15
2.2カテゴリー化 16
2.3スキーマ(イメージスキーマ) 16
2.4多義性 17
2.5意味展開ネットワーク 18
2.6メタファー 20
2.7概念メタファー 21
2.8メトニミー 22
2.9シネクドキー 23
2.10意義展開図 24
2.11 まとめ 25

第3章 日中両言語「梅」による意味拡張 26
3.1日本語<梅(うめ)>における基本義 26
3.1.1<梅(うめ)>から
「梅の花」、「梅の実」による派生義 27
3.1.2日本語<梅(うめ)>のメタファーによる派生義 30
3.1.3日本語<梅(うめ)>のメトニミーによる派生義 32
3.1.4日本語<梅(うめ)>の多義ネットワーク図 35
3.2中国語[梅(mei2)]における基本義 36
3.2.1中国語[梅(mei2)]から
「梅の花」、「梅の実」による派生義 37
3.2.2中国語[梅(mei2)]のメタファーによる派生義 38
3.2.3中国語[梅(mei2)]のメトニミーによる派生義 41
3.2.4中国語[梅(mei2)] の多義ネットワーク図 45
3.3日中両言語「梅(うめ、mei2)」による意味拡張の比較 47
第4章 日中両言語「蘭」による意味拡張 49
4.1日本語<蘭(らん)>における基本義 49
4.1.1日本語<蘭(らん)>のメタファーによる派生義 50
4.1.2日本語<蘭(らん)>の多義ネットワーク図 52
4.2中国語[蘭(lan2)]における基本義 53
4.2.1中国語[蘭(lan2)]のメタファーによる派生義 55
4.2.2中国語[蘭(lan2)]のメトニミーによる派生義 61
4.2.3中国語[蘭(lan2)]のシネクドキーによる派生義 62
4.2.4中国語[蘭(lan2)]の多義ネットワーク図 63
4.3日中両言語「蘭(らん、lan2)」による意味拡張の比較 65

第5章 中日両言語「竹」による意味拡張 67
5.1日本語<竹(たけ)>における基本義 67
5.1.1日本語<竹(たけ)>のメタファーによる派生義 69
5.1.2日本語<竹(たけ)>のメトニミーによる派生義 71
5.1.日本語<竹(たけ)>の多義ネットワーク図 74
5.2中国語[竹(zhu2)]における基本義 76
5.2.1中国語[竹(zhu2)]のメタファーによる派生義 78
5.2.2中国語[竹(zhu2)]のメトニミーによる派生義 82
5.2.3中国語[竹(zhu2)]の多義ネットワーク図 85
5.3日中両言語「竹(たけ、zhu2)」による意味拡張の比較 86

第6章 中日両言語「菊」による意味拡張 87
6.1日本語<菊(きく)>における基本義 88
6.1.1日本語<菊(きく)>から
「菊花」、「観賞菊」、「食用菊」による派生義 89
6.1.2日本語<菊(きく)>のメタファーによる派生義 91
6.1.3日本語<菊(きく)>のメトニミーによる派生義 94
6.1.4日本語<菊(きく)>の多義ネットワーク図 96
6.2中国語[菊(ju2)]における基本義 97
6.2.1中国語[菊(ju2)]から
「菊花」、「観賞菊」、「食用菊」による派生義 98
6.2.2中国語[菊(ju2)]のメタファーによる派生義 99
6.2.3中国語[菊(ju2)]のメトニミーによる派生義 100
6.2.4中国語[菊(ju2)]のシネクドキーによる派生義 101
6.2.5中国語[菊(ju2)] の多義ネットワーク図 103
6.3日中両言語「菊(きく、ju2)」による意味拡張の比較 104

第7章 結論 105
7.1日中両語植物語彙「梅蘭竹菊」における対照研究 105
7.2今後の課題 107
参考文献 108


表 目 次
表1.1複合語の構造 3
表1.2日本語辞典の分類 4
表1.3中国語辞典の分類 5
表1.4植物に対する命名の10個心理要素 9
表1.5「梅」、「蘭」、「竹」、「菊」のイメージ 13
表2.1 意味展開パターン一覧(瀬戸(2007)による) 19
表2.2 概念メタファーの事例 21
表3.1日本語辞典<梅(うめ)>の定義 26
表3.2中国語辞典[梅(mei2)]の定義 36
表3.3日中両言語「梅(うめ、mei2)」による意味拡張の比較 47
表4.1日本語辞典<蘭(らん)>の定義 49
表4.2中国語辞典[蘭(lan2)]の定義 53
表4.3日中両言語「蘭(らん、lan2)」による意味拡張の比較 65
表5.1日本語辞典<竹(たけ)>の定義 67
表5.2中国語辞典[竹(zhu2)]の定義 76
表5.3日中両言語「竹(たけ、zhu2)」による意味拡張の比較 86
表6.1日本語辞典<菊(きく)>の定義 88
表6.2中国語辞典[菊(ju2)]の定義 97
表6.3日中両言語「菊(きく、ju2)」による意味拡張の比較 104
表7.1 日中両語「梅蘭竹菊」の意味拡張数量表 105
表7.2 植物語彙「梅蘭竹菊」の意味拡張数量表 106


図 目 次
図1語の構成から分類する図 2
図2.1参照点能力図(籾山2010) 22
図2.2「はな」の意義展開図 (荒川2011) 24
図3.1図3.1梅の花 28
図3.2梅の花の紋所 30
図3.3梅結び 30
図3.4日本語<梅(うめ)>の多義ネットワーク図 35
図3.5梅花陣 40
図3.6梅花座 40
図3.7中国語[梅(mei2)] の多義ネットワーク図 46
図4.1向かい蘭菱と三つ蘭の丸 51
図4.2日本語<蘭(らん)>の多義ネットワーク図 52
図4.3蘭草図 54
図4.4龍舌蘭 57
図4.5小蒼蘭 57
図4.6蘭花指 59
図4.7蘭葉描 59
図4.8中国語[蘭(lan2)]の多義ネットワーク図 64
図5.1図5.1竹の家紋 69
図5.2竹馬 73
図5.3日本語<竹(たけ)>の多義ネットワーク図 74
図5.4竹図 77
図5.5竹の地下茎 81
図5.6中国語[竹(zhu2)]の多義ネットワーク図 85
図6.1菊水 92
図6.2菊の紋所 92
図6.3菊綴じ 92
図6.4日本で菊花図案の用例 94
図6.5日本語<菊(きく)>の多義ネットワーク図 96
図6.6菊花 98
図6.7中国語[菊(ju2)]の多義ネットワーク図 103
日本語参考文献(五十音順)

荒川洋平編(2011)『日本語多義語学習辞典 名詞編』アルク.
池田香代子文 ; 伏見文男繪(2002)『花ものがたり』毎日新聞社.
大石亨(2010)「『植物』のメタファー再考: 慣用表現に付随する意味的韻律と主観性」『日本認知言語学会論文集』 10,pp.149-159,日本認知言語学会.
王伸子・鹿島央・藤井俊博・大島中正・玉村禎郎(1996)『日本語教師養成シリーズ 音声、語彙、文字・表記』佐治圭三、真田信治監修, 初版2刷,東京法令.
韓雯(2011)「日中「松竹梅」の比較研究 : 梅のイメージを中心に」『日本語日本文学』21,pp.27-41,創価大学日本語日本文学会.
北原保雄(1995)『概説 日本語』朝倉書店.
こうむら ゆみか(1994)『花ことば物語』西東社.
桜井満(1994)『花と日本人』雄山閣.
蔡豐琪(2013)『基本色彩語彙における多義構造の分析』致良.
白川静(2004)『常用字解』平凡社.
施馨媚(2014)『日本語と中国語における「目/眼」の対照比較研究─意味拡張の観点から─』銘傳大學應用日語學系碩士論文
清水啓子(2007)「認知言語学から見たシェイクスピア―メタファー理論を中心にして―」(小特集・シェイクスピア万華鏡),『文彩』第3号,pp.16 -25,熊本県立大学文学部.
瀬戸 賢一.山添 秀剛.小田 希望(2017)『解いて学ぶ認知意味論(認知言語学演習②)』大修館書店.
谷口一美(2006)『認知言語学』ひつじ書房.
趙順文(2007)「日中同形語多義ネットワークの試案─植物表現を中心に」『台灣日本語文學報』22,pp.187-211,台灣日本語文學會.
辻幸夫(2003)『認知言語学への招待』大修館書店.
春山行夫(1996)『花ことば : 花の象徴とフォ一クロア上・下』平凡社.
籾山洋介(2010)『認知言語学入門』研究社.
森岡 健二、山口 仲美(1985)『命名の言語学―ネーミングの諸相』東海大学出版会.
山口堯二(2005)『日本語学入門: しくみと成り立ち』初版第2刷,昭和堂.
吉村公宏(2004)『はじめての認知言語学』研究社.
賴錦雀(2013)「共起表現から見た日本語の「春‧夏‧秋‧冬」―中国語との対照比較をかねて―」『台灣日本語文學報』34,pp.177-202,台灣日本語文學會.
李毓清(2014)「身体部位「顔」の意味分析―日本語と中国語を兼ねて」『台灣日語教育學報』23,pp.250-293,台灣日語教育學會.
劉懿禛(2014)「日本語派生形容詞の語形成と(語彙)概念・意味構造について---緩和型接頭辞がつく語例を中心に---」『台灣日語教育學報』22,pp. 179- 208,台灣日語教育學會.

中国語参考文献(画数順)

Barb Stuckey(2014)『味覺獵人:舌尖上的科學與美食癡迷症指南』莊靖譯,漫遊者文化.
丁國銘(2016)「淺談文學中的四君子—梅蘭竹菊」『青年文學家』第6期,pp.170
王璞(2007)『英漢植物隱喻對比研究』上海海事大學外國語言學及應用語言學碩士論文
田中修(2010)『花為什麼會香:花的知識、機制與趣聞!花花世界的不可思
議?』盧宛瑜譯,晨星出版.
李珮慈(2010)『采菊:「菊」的原始意象與文學象徵──以屈賦陶詩為主』國立東華大學中國語文學系碩士論文
呂錦明(2010)『台灣竹圖鑑』晨星出版.
林孟儀(2014)『高風亮節·•竹滿庭—竹文化與竹意象創作研究』國立臺灣藝術大學設計學院視覺傳達設計學系碩士在職班碩士論文
周明儀(2004)「詩經之植物素材概說」『臺南女院學報』23:2,
pp.429-454,臺南女子技術學院.
凌禎君(2013) 『台灣蘭花應用於圖案設計之研究與創作』銘傳大學商業設計學系碩士班碩士論文
許聞達、盧少春(1997)「花中四君子—梅蘭竹菊」『百科知識』第2期,pp.57-58
梁永宣(2000)「中國十六、十七世紀有關梅毒的記載」疾病的歷史研討會(臺北:中央研究所歷史語言研究所, 2000 年 6 月〉
陳水根(2000)「論梅蘭竹菊的人格美」『江西社會科學』第8期,pp.100-103
陳香(2005)『詠梅詩選』國家出版社.
陳坤燦(2006)『蘭花入門種植活用百科』麥浩斯.
陳婉蘭(2010)『愛上植物的第一本書』貓頭鷹出版.
黃靜宜 (2011) 『稼軒詞梅意象探析』國立臺灣師大國文學系教學碩士班碩士論文
溫英杰、張靜誼、 蕭婉婷(2006)「梅種原評估及其親緣關係研究」『台灣農業研究』55卷4期,pp.250-262
潘文國(2007)『中外命名藝術』新世界出版社.
潘富俊(2010)『成語植物圖鑑(二版)』貓頭鷹出版.
蔡豐琪、葉心怡(2020)「日本茶花語彙命名初探— 以譬喻表現的觀點之語義分析—」『銘傳大學2020年國際學術研討會大會論文集』,pp.79-86,銘傳大學應用外語學院應用日語學系.
滕延秋(2015)『一本書備考中華傳統文化(中考版)』中華書局.

分析辞典(画数順)

中国語
台灣中華書局辭海編輯委員會編(1980)『辭海』第一版,台灣中華書局.
段木干主編(1980)『植物大辭典』初版,人文.
教育部重編國語辭典編委會編(1982)『重編國語辭典』六版,臺灣商務.
國語辭典編輯委員會編(2016)『最新辭海』初版,世一.
漢語大詞典編纂處編(1994)『漢語大詞典』初版, 漢語大詞典.
編纂委員會編;李鍌.單耀海總主編(2012)『中華大辭林』1版,五南圖書.

日本語
山口佳紀編(1999)『暮らしのことば 語源辞典』第四刷, 講談社.
北原保雄編(2003)『明鏡国語辞典』初版第三刷, 大修館書店.
見坊豪紀編(2000)『三省堂囯語辞典』第四版第二四刷,三省堂.
尚學圖書編(1993)『国語大辞典(新装版)』小学館.
金田一春彥.池田三郎編(1995)『学研国語大辞典』第二版,學習研究社.
松村明編( 2006)『大辞林』第三版,三省堂.
新村出編(2018)『広辞苑』第七版,岩波書局.

参考ウェブサイト(画数順)

KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」 少納言
<https://shonagon.ninjal.ac.jp/>
コトバンク [ 時事問題、ニュースもわかるネット百科事典 ]
<https://kotobank.jp/>
ウィキペディア フリー百科事典Wikipedia<https://ja.wikipedia.org/wiki/>
中研院語言所「搜詞尋字」語庫查詢系統
<http://words.sinica.edu.tw/sou/sou.html>
台灣英文新聞(Taiwan News)<https://www.taiwannews.com.tw/ch/index>
教育部重編國語辭典修訂本<http://dict.revised.moe.edu.tw/cbdic/>
聯合知識庫全文報紙資料庫(聯合報系)<https://udndata.com/ndapp/Index>

電子全文 電子全文(網際網路公開日期:20250707)
QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top
無相關期刊