跳到主要內容

臺灣博碩士論文加值系統

(44.192.247.184) 您好!臺灣時間:2023/02/06 16:51
字體大小: 字級放大   字級縮小   預設字形  
回查詢結果 :::

詳目顯示

: 
twitterline
研究生:謝朋呈
研究生(外文):XIE, PENG-CHENG
論文名稱:芥川龍之介後期作品主角之深層心理研究
論文名稱(外文):Analysis of the main character’s depth psychology in Akutagawa Ryunosuke’s later period works
指導教授:林蕙美林蕙美引用關係
指導教授(外文):LIN, HUI-MEI
口試委員:洪心怡林淑丹林蕙美
口試委員(外文):Dr. HONG,SIN-YIDr. LIN,SHU-DANLIN, HUI-MEI
口試日期:2022-01-10
學位類別:碩士
校院名稱:國立高雄科技大學
系所名稱:應用日語系
學門:人文學門
學類:外國語文學類
論文種類:學術論文
論文出版年:2022
畢業學年度:110
語文別:日文
論文頁數:94
中文關鍵詞:芥川龍之介羅蘭巴特作者之死榮格分析心理學
外文關鍵詞:Akutagawa RyunosukeRoland Barth's Author's deathJung's analytical psychology
相關次數:
  • 被引用被引用:0
  • 點閱點閱:129
  • 評分評分:
  • 下載下載:29
  • 收藏至我的研究室書目清單書目收藏:0
本論文以後期芥川龍之介之小說「某傻子的一生」、「玄鶴山房」、「河童」三部作品為主體,來討論各作品主角之心裡深層、宗教信仰及價值觀。因此,所選三部作品皆為大正2年之芥川龍之介作品。作品的選擇基準為,可將該作品主角盡可能作為虛構人物分析的小說。由於眾多先行研究即使自稱為作品論,實則非常貼近作者論。本論文以羅蘭巴特的作者之死為基底,盡可能停止一直以來以芥川人生經歷為作品解釋的解釋方式。並且以榮格之分析心理學解釋作品中主角之深層心理。榮格從他的心理治療經驗中得知,患者的幻想或是夢境中有某些共通的典型的形象存在。榮格重視這些與神話、童話共通的形象。並假定在人類全體的集體潛意識中有共通的普遍性存在。本論文以榮格的假說為基礎以各神話故事(如希臘、巴比倫神話)與芥川小說內容之類似性作比對。
作為研究結果,本論文得出了以下的結論。「某傻子的一生」主角「他」之深層心理願望是噴火山帶來之毀滅與新生。阿尼瑪之形象之元型以「有如在月光之中的她」在作品中顯現。與巴比倫神話隨月亮圓缺變化,而擁有毀滅與新生之兩面性的月之女神伊斯塔女相似。
「玄鶴山房」 主角甲野的內心深層願望是,將所見之所有幸福的男性陷於不幸,以此獲得生物學上的愉悅。此行為的原因在於她過去負面的男性經驗所導致。甲野應是被自己的不道德面「影」所支配。該詛咒及陷害所有男性之形象與希臘神話之希拉相似。
「河童」主角與「或阿呆の一生」主角「彼」之深層心理願望的毀滅與新生無異。雖「河童」主角身為物質主義者,但他被故事中其中一位河童的自殺所觸動,嘗試倚靠宗教的力量。但文末,主角因事業失敗導致失去經濟能力,連相近無神論的物質主義者的意識形態也失去。最終建構他自身價值觀的意識形態崩毀的情況下,已經無法推斷他與任何現存神話有關聯。在無法解決自身矛盾的狀態下,可推測他對此情形所感受到的情感為對未知的恐怖。與架空神話克蘇魯的創作理念「對未知的恐懼」相近。
本論文所探討之主人公或重要人物內心之集體潛意識的形象,僅限於跟神話作比對。對於跟童話的相似性,則希望作為將來的課題。



The thesis is composed of three Akutagawa Ryunosuke’s late period work “A Fool's Life”,” Genngaku’s country house” and “Kappa”, to state those literature’s main character’s unconscious mind, religion, and values. The selection benchmark for a work is a novel in which the main character of the work can be analyzed as far as possible as a fictional character. Since many of the first studies, even if they call themselves literary comment, are very close to the Author comment. This paper takes Roland Barth's author's death as the basis, and stops as much as possible the way in which Akutagawa's life experience is interpreted as a work. And to Jung's analytical psychology to explain the deep psychology of the main character in the work. Jung learned from his psychotherapy experience that there are some common and typical images of a patient's fantasies or dreams. Jung values these images that are common to myths and fairy tales.
Based on Jung's hypothesis, this paper compares the similarities between myths (such as Greek and Babylonian myths) and the contents of Akutagawa novels.

As a result of the research, this paper draws the following conclusions. The deep psychological desire of the protagonist of "The Life of a Fool" is the destruction and rebirth brought about by the volcanic eruption. The meta-shape of Anima's image is shown in the works as "Like Her in the Moonlight". Similar to babysit mythology, which changes with the moon's circle, is the Goddess of the Moon Ista, which has both sides of destruction and new life.

The inner desire of the protagonist of " Genngaku’s country house " is to gain biological pleasure by trapping all the happy men she see in misfortune. The reason for this behavior is due to her negative male experience in the past. "Kouno" should be dominated by his own immoral face "shadow". The image of the curse and trap all men is similar to that of Sheila in Greek mythology.

The destruction and new life of the deep psychological aspirations of the protagonist of "Kappa" is no different from that of the protagonist of "T A Fool's Life ". Although the "Kappa" protagonist is a materialist, he is touched by the suicide of one of the appa in the story, trying to rely on the power of religion. But at the end of the text, the main character loses his economic ability because of his career failure, and even the ideology of the materialist who is similar to atheism loses.

In the event that the ideology that ultimately constructed his own values collapses, it is impossible to infer that he is associated with any existing myth. In a state where he cannot resolve his own contradictions, it can be inferred that the emotion he felt about the situation was a horror to the unknown. Similar to the fictitious myth Ksulu's creative philosophy of "fear of the unknown".

The image of the collective subconscious within the protagonists discussed in this paper is limited to comparison with myth. For similarity with fairy tales, hope as a future topic.


中文摘要 i
英文摘要 iv
日文摘要 vi
謝辞 vii
目次 ix

第一章 序論
1. 研究動機及び目的………………………………………………………………1
2. 先行研究…………………………………………………………………………5
3. 研究方法………………………………………………………………………11

第二章 『或阿呆の一生』
1. 「彼」が主人公である理由…………………………………………………13
2. 「彼」の人物像………………………………………………………………27
3. 「彼」の深層心理……………………………………………………………32

第三章 『玄鶴山房』
1. 甲野が主人公格のキャラクターである理由………………………………44
2. 甲野の人物像…………………………………………………………………47
3. 甲野の深層心理………………………………………………………………50

第四章 『河童』
1. 「或精神病院の患者第二十三号」が主人公である理由…………………51
2. 「或精神病院の患者第二十三号」の人物像………………………………55
3. 「或精神病院の患者第二十三号」の深層心理……………………………69

第五章 結論 
1. 後期の芥川龍之介の作品世界とは何か……………………………………74
2. 本研究の研究価値と今後の課題……………………………………………75

テクスト………………………………………………………………………………76

参考文献………………………………………………………………………………82

図目次
図 1-1 ユング意識の階層………………………………………………………6
図 3-1 『玄鶴山房』主要登場人物関係図………………………………………34
図 4-1 太極図……………………………………………………………………57

表目次
表 2-1 『或阿呆の一生』のモチーフ分類………………………………………16
表 3-1 『玄鶴山房』登場人物紹介………………………………………………35
表 3-2 『玄鶴山房』各章の視点と注目する事柄………………………………42
表 4-1 『河童』の登場人物とモチーフの分類…………………………………61
表 5-1 『或阿呆の一生』と『河童』主人公の類似性…………………………74


1. 秋山さと子, 『ユングとオカルト』. 1987: 講談社.
2. 浅野洋, 『芥川龍之介作品論集成(1)羅生門 今昔物語の世界』, ed. 浅. 洋. 1999: 翰林書房.
3. 浅野洋, 『芥川龍之介を学ぶ人のために』. 2000: 世界思想社.
4. 池上嘉彦, 『ことばの詩学』. 1982: 岩波書店.
5. 石田潤, 「人格全体に関わる自己実現について」. 人文論集, 2016. 51: p. 35-42.
6. 植田康夫, 『自殺作家文壇史』. 2008: 北辰堂出版.
7. 枝村祥平, 「『カンディード』 と最善説」. 京都大学文学部哲学研究室紀要: Prospectus, 2010. 13: p. 1-15.
8. 海老井英二, 「「詩」と「阿呆」と--芥川竜之介「或阿呆の一生」論-1」. 語文研究, 1969(27): p. 77-86.
9. 海老井英次, 「芥川文学における空間の問題-1-「戯作三昧」 の<書斎> と 『玄鶴山房』 の< 離れ>」. 文学論輯, 1983(29): p. p23-35.
10. 海老井英次, 『芥川龍之介作品論集成(2)地獄変 歴史.王朝物の世界』, ed. 海老井英次. 1999: 翰林書房.
11. 太田一昭, 「新歴史主義・文化唯物主義批評」. Journal of UOEH, 1989. 11(2): p. 213-224.
12. 小澤保博, 「芥川龍之介研究ノート」. 琉球大学教育学部紀要, 2010. 76: p. 13-38.
13. 河合隼雄, 『昔話の深層 ユング心理学とグリム童話』. 1994: 講談社.
14. 北畠知量, 「プラトンの 『国家』」. 名古屋造形芸術短期大学研究紀要, 1983. 6: p. 100-70.
15. 橘田直子, 「芥川龍之介 「西方の人」 論: キリスト教的枠組みの払拭」. フェリス女学院大学日文大学院紀要, 2002. 9: p. 26-34.
16. 葛巻義敏, 『芥川龍之介未定稿集』. 1968, 岩波書店.
17. 桒原志帆, 「芥川龍之介 「歯車」 論:「僕」 の他者意識を軸として」. 日本文學, 2019(115): p. 85-99.
18. 兼定明日美「芥川龍之介『或阿呆の一生』研究 : 史実との比較を中心に」. 富大比較文学, 2015. 8: p. 30-52.
19. 剣持武彦, 『比較日本学のすすめ』. 1992: 朝文社.
20. 黄郁婷, 「芥川龍之介 「藪の中」 論: 繁体字文化圏からの照射」. 青山学院大学文学部紀要, 2019(61): p. 51-79.
21. 小谷瑛輔, 「芥川龍之介「煙草」と切支丹物の出発 : ラフカディオ・ハーン以降の日本のボードレール受容を視座として」. ヘルン研究, 2017(2): p. 45-54.
22. 齋藤繁, 「芥川龍之介 「歯車」 の暗号」. 2013.
23. 酒井英行, 『芥川龍之介: 作品の迷路』. 1993: 有精堂.
24. 柴田友里, 「< 語り手> と< 語り手> たち: 芥川龍之介 「藪の中」 論」. フェリス女学院大学日文大学院紀要, 2012. 19: p. 40-57.
25. 嶌田明子, 「『河童』 論: もう一つの物語」. 上智大学国文学論集, 1996(29): p. 55-71.
26. 清水康次, 『芥川龍之介作品論集成(4)開化物.現代物の世界』. 1999: 翰林書房.
27. 清水康次, 「「歯車」 論--コンテキストを失った言葉 」」(生誕 100 年芥川竜之介< 特集>)--(いまテクストをどう読むか). 国文学 解釈と教材の研究, 1992. 37(2): p. p102-107.
28. 釋恆清, 「論佛教的自殺觀」. NTU Philosophical Review, 1986(9): p. 181-197.
29. 鷲﨑秀一, 「芥川龍之介 「秋」 論――「幸福」 は< 松> とともにあらず」. 阪南論集. 人文自然科学編, 2020. 56(1): p. 1-10.
30. 須田斎, 「心の中の 「鏡」 のユング心理学に基づく分類とその深層構造との関係」. 人体科学, 2021. 30(1): p. 40-55.
31. 関口安義, 『河童』 から 『西方の人』 へ: 芥川晩年の思想について. 日本文学, 1965. 14(5): p. 382-392.
32. 関口安義, 「或阿呆の一生」(芥川竜之介< 特集>)--(作品論). 国文学解釈と鑑賞, 1983. 48(4): p. p54-59.
33. 関口安義, 『芥川龍之介研究資料集成』 第3巻. 1993: 日本図書センター.
34. 関口安義, 『芥川龍之介新辞典』. 2003: 翰林書房.
35. 関口安義, 『芥川龍之介の歴史認識』. 2004: 新日本出版社.
36. 副田賢二, 「「帰結」 からの逸脱:「歯車」 の論理をめぐって」. 三田國文, 2000(31): p. 10-22.
37. 大正文学研究会, 『芥川龍之介研究』. 1983: 日本図書センター.
38. 高熊哲也, 「「桜の樹の下には」 における詩的表象としての< 桜」. 金沢大学国語国文, 2009(34): p. 61-68.
39. 髙橋龍夫, 「芥川龍之介文学におけるモダニズムの諸相」. 2017.
40. 高橋英彦, 「妬みと他人の不幸を喜ぶ感情の神経基盤」. 日本生物学的精神医学会誌, 2011. 22(1): p. 51-54.
41. 竹友美樹, 「芥川龍之介 『蜜柑』 論: 影響力の物語」. 山口国文, 2019(42): p. 33-42.
42. 田島俊郎, 「芥川龍之介の 『藪の中』 と 『ポンチュー伯の娘』」. 言語文化研究, 2017. 25: p. 31-54.
43. 谷本道昭, 「< マテイラム・ミスラ> 再訪: 芥川龍之介 「魔術」 別解の試み」. Language, Information, Text= 言語・情報・テクスト: 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻紀要, 2020. 27: p. 91-103.
44. 千田実, 「『話』 らしい話のない小説」 の 「内容」-芥川龍之介晩年の小説観. 2010.
45. 張嘉真, 「芥川龍之介的虛像與實像―【地獄變】.【竹藪中】.【河童】.【或阿呆的一生】為中心」, in 日本研究所. 2003, 中國文化大學: 台北市. p. 180.
46. 張蕾, 『芥川龍之介と中国-受容と変容の軌跡-』. 中国研究月報, 2007. 61(11): p. 60-61.
47. 戸田由美, 「宮澤賢治の深層世界: 子どもたちに愛される理由 ファンタジー的視点からの考察」. 西南女学院大学紀要, 2020. 24: p. 99-109.
48. 中村夏歩, 「芥川龍之介 『魔術』 とバラモン教的宗教観」. 研究ノート, 2016(44): p. 44-49.
49. 西山智則, 「アメリカ文化における障害の表象: H・P・ラヴクラフトと優生学」. 埼玉学園大学紀要. 人間学部篇, 2017. 17: p. 23-36.
50. 林智子, 「看護師はどのように患者の立場に立って考えているのか」. 三重看護学誌, 2011. 13: p. 93-101.
51. ロラン・バルト, 『テクストの快楽』. 1977: みすず書房.
52. ロラン・バルト, 『物語の構造分析』. 1979: みすず書房.
53. 平岡敏夫, 『芥川龍之介: 抒情の美学』. 1987: 大修館書店.
54. 藤原紀子, 「芥川龍之介 「藪の中」 論--真砂の役割とは」. 清心語文, 2011(13): p. 1-14.
55. 細井浩志, 「中国天文思想導入以前の倭国の天体観に関する覚書: 天体信仰と暦」. 桃山学院大学総合研究所紀要, 2008. 34(2): p. 45-62.
56. 松前健 『日本神話の新研究: 日本文化系統論序說』. 1981: 桜楓社.
57. 町澤理子, 「心身医学とユング心理学の臨床: 関係性の回復と自己受容への道 (2014 年, 第 55 回日本心身医学会総会ならびに学術講演会」 (千葉). 心身医学, 2015. 55(7): p. 819-826.
58. 宮坂覺, 「芥川龍之介小論:< 狂人の娘>(「歯車」「或阿保の一生」)< 復讐の神>(「歯車」) と父の< 性> への忌避をめぐって」. 玉藻, 1985. 21: p. 47-52.
59. 宮坂覺, 『芥川龍之介作品論集成(6)河童.歯車-晩年の作品世界』. 1999: 翰林書房.
60. 室生犀星, 『芥川竜之介の人と作品』. 現代叢書 ; 40-41, 1943.
61. 森瀬繚, 『ゲームシナリオのためのクトゥルー神話事典: 知っておきたい邪神・禁書・お約束110』. 2013: ソフトバンククリエイティブ.
62. 山川淳生, 「古代思想は何処へ行ったのか」. エウローペー, 2013(20): p. 15-31.
63. ユング.G.C.著.野田倬 訳 『自我と無意識の関係』. 1982.
64. ユングC.G.(著)、 野田 倬 (訳) 『アイオーン』. 1990: 人文書院.
65. ユングG, C.(著)、小川捷之(訳), 『分析心理学』. 1976: みすず書房.
66. ユングG, C.著.林.訳., 『タイプ論』. 1987: みすず書房.
67. 羅莉汶, 「芥川龍之介的前期作品研究(1914-1922)──改編作品中之人物形象──」, in 日本語文學系. 2012, 東吳大學: 台北市. p. 149.
68. 李碩, 「芥川龍之介小説のジャンル研究: 小説形式と歴史の関係について」. 2017.
69. 李翠翠, 「芥川龍之介の人生観」. 日本語文化論叢, 2019(2): p. 29-39.
70. 渡邊史郎, 「ありふれた不幸を描く--玄鶴山房」. 日本語と日本文学, 2005(41): p. 1-14.
71. 聖嚴, 『學佛群疑』. 1999: 法鼓文化事業股份有限公司.
72. Barthes, R., ”The death of the author”. Contributions in Philosophy, 1977. 83: p. 3-8.
73. Barthes, R., ”La mort de l'auteur”. Manteia, 1968. 5: p. 12-17.
74. Barthes, R., ”De l'oeuvre au texte”. Revue d'esthétique, 1971. 3.
75. Young, G.B., A.H. Ropper, and C.F. Bolton, 『昏睡と意識障害』. 2001: メディカルサイエンスインターナショナル.

QRCODE
 
 
 
 
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               
第一頁 上一頁 下一頁 最後一頁 top